2018.07.05 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

          
    2014.08.27 Wednesday

    デカチャンプ、黄とうがらし 初収穫(^・^)

    0
      収穫 デカチャンプ 黄とうがらし トマト 白ゴーヤ オクラ
      今年初めて栽培したデカチャンプ(土耕)と黄とうがらし(パッシブ)、予想よりかなり早く初収穫となりました(^・^)

      デカチャンプはソフトボール大まで頑張りたかったけど、赤く色づいてきたので諦めて収穫(^▽^;) 
      小さめの2個も摘果を兼ねて採りました。今残っている1個に大きくなってもらいましょう!!
      循環装置でやっている水耕デカチャンプは先日の倒壊で撤収の危機でしたけど、復活しました(^。^)
      小さな実が2つ3つ着いているので今後に期待できるかも。

      デカチャンプ ジャンボピーマン 収穫
      とりあえず硬球よりは気持ちデカイ(笑) ソフトボールは3号サイズには遠く及ばず、1号にもまだまだ・・・。
      去年育てたジャンボピーマンは縦長で、普通のピーマンがデッカクなった感じでしたけど、デカチャンプは
      どちらかというとパプリカ系の形みたい。

      デカチャンプ 黄とうがらし バナピー
      でも・・・土耕のデカチャンプは縦長で普通のピーマンと変わらない感じなんですよねぇ。
      どっちがデカチャンプの本来の姿なのかわかりませんけど、これからうまく行けば年越しして長く収穫
      できるので秋冬の有難い野菜です! 殆ど放置でいいしね(笑)

      黄とうがらしも初めての栽培で、パッシブ水耕、固形培地耕、土耕の3種類で栽培中ですが、
      パッシブのものが最初に色づきました。
      ホントは簡易循環装置でもやってたつもりなんですが、種の取り違えでバナピーが育ってました(^▽^;) 

      種の取り違えと言えば、
      鷹の爪も3種類の栽培をやってたつもりでしたが、結局ペットボトルでしかやれてなかったという・・。
      鷹の爪と思っていたのは全部黄とうがらしでした。おかげで黄とうがらしが大量に収穫できそうです。

      黄とうがらし 万願寺とうがらし
      黄とうがらしはグリーンからイエローに変化するというのは聞いていましたが、こんなふうにクッキリと
      変わってゆくんですねぇ〜 全体的に少しずつ変色するかと思っていましたけど、まるで少しずつ下から塗装
      しているかのように鮮やかなイエローに染まってゆくのは見てて楽しいです。

      ※デカチャンプ・黄とうがらし、バナピー、すべていずみさんに種をいただいて4月も中旬を過ぎてから
      種まき・育苗というスロースタートでしたけど、無事に収穫にこぎつけてホッとしています(^・^)


      さて、調子の出ない秋トマトですが、パープル・バンブル・ビーだけは4段目になって数個着果しました。
      猛暑日が殆どなくて気温が上がらなかったのが逆に幸いしたのかも? 
      ただ、日照のなさと長雨で株は健康とはとても言えないですけどね・・・。
      他のトマトはさっぱり。大玉のピンク・アコーディオンは4段目まですべて着果失敗(-.-)
      ピンク・タイガーとブラッシュ・タイガーも2段目以降はすべてダメ。

      しかも・・・エアルーム4種はどれもサビダニの攻撃を受けて、既にコロマイトを1回散布しています。
      今のところなんとか止まっているように見えますけど、先が思いやられます・・・。

      タイ・ピンク・エッグ 水耕 循環
      そんな秋トマトの中で、唯一すくすくと育っているのがタイ・ピンク・エッグ!
      これはミニ循環装置に定植したもの(種から育苗)ですが、固形培地耕(挿し芽)のピンクエッグは既に
      2個ほど着果・肥大中で花も次々に咲いています。

      なぜかピンクエッグだけがアオムシに気に入られて葉っぱを食われていますが、サビダニ被害は今のところナシ。
      暑さにも強いけど寒さにも強いということなので今や秋トマトで期待できるのはピンクエッグのみ!
      なんとかこのまま順調に育って欲しいです。

      ※タイ・ピンク・エッグもいずみさんに挿し芽・種をいただいたものです。




       
      応援していただくと励みになります!
      ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村
            
      2014.07.28 Monday

      真夏の菜園レポいろいろ 7/27

      0
        灼熱地獄ですねぇ・・・毎日。菜園ブロガーの皆さんも熱中症にはご用心くださいまし。
        かくいう私もこの暑さでは庭に出る時間もどんどん少なくなって、日々の補給と収穫で手一杯です。
        でも、今日のレポはいつにも増して長くなると思います(^▽^;)  ご用心ください。


        この猛暑の中でもさすがペッパーは元気ですね! 水温は30℃を超えていますがへっちゃらみたい。
        台風騒動の時の室内退避でどの株も落葉・落花・落果してしまってどうなることかと思いましたけど、
        梅雨が明けてようやく着果スイッチが入ったようです。
        パッシブ水耕で栽培中なのは、バナピー、黄とうがらし、鷹の爪、万願寺とうがらしの4種。
        左端にスィートバジルがいますけど、元気に収穫中です。

        今年のパッシブはこんな方式で始めましたが、水位が下がっても萎れることはないですね(^・^)

        万願寺、バナピーはちょくちょく収穫できると嬉しいけど、黄とうがらし、鷹の爪は秋にまとめて収穫できれば
        良いので日々の手入れなんてものは何もやってません。
        最初は脇芽を摘んでましたが、枝が分化してからは完全放置です。

        液肥補給ですが、かなり株も大きくなりましたけど、3日間で水位が半分になるって感じです。
        ペッパー類はホントに消費が少なくて楽ですね・・・。


        ちょっと変なのは、パッシブの鷹の爪。写真右はペットボトル栽培の鷹の爪ですけど、普通は鷹の爪って
        こんなふうに上向きますよね? でもパッシブの鷹の爪・・・こんな生り方です(笑) 違和感あるなぁ。
        もしかして品種取り違えたかな? うーん色づくまで確定できませんけど、隣の黄とうがらしもこんな感じです。


        ソフトボール大のジャンボピーマンが出来るはずのデカチャンプ。
        期待度の高さから循環装置という高待遇なわけですが、ご覧の通り葉っぱおばけ(笑)
        いえね、着果してたんですよ? でも室内避難でこれまた落花・落果。以後一切着果ナシ!!!
        ECは2.0基準でやっていますが、今日久しぶりに計測したら1.3まで落ちていました。

        この葉っぱおばけの感じは、去年ぶくぶくでやったジャンボピーマンそっくりです。
        葉ばっかり繁って一向に実がつかなくて、ECをドカンと上げた途端に着果・肥大を始めました。
        その後冬を越し、今年の初春まで収穫できたので、きっとこのデカチャンプも年越しできるんではと
        思っています。明日にでもECを2.0に上げてやります。そのうちガンガン実を着けてくれるでしょう(^。^)

        液肥消費ですが、信じられないほど減りません。こんな葉っぱおばけなのに1リッター/日も減ってないような?
        この縦型循環装置、予備液肥を40リッタープールできるので、このままなら次は8月末かな(笑)


        こっちは土耕のデカチャンプ。食害がひどくて葉っぱは穴だらけですが、一応3個ほど着果してますね。
        土耕は元肥にマグアンプKのみ、週一で大塚液肥を少しってところです。こっちは脇芽も完全放置(^▽^;) 
        ソフトボール大にするには摘果したほうが良いんでしょうけど、引き続き放置で。


        キュウリは水喰い、肥料食い、梅雨明けで今さらながら実感できますね^_^;
        トマトたちの装置はどれもEC値はどんどん上昇していますが、この装置はジワジワと下がってます。
        夏すずみは現在までに約30本ずつの収穫で、少しペースは落ちてきましたがまだまだ頑張ってくれそうです。
        傷んだ葉は落としていますが、去年循環でやったキュウリに比べると傷みが少ないですね。

        キュウリの質ですが、明らかに去年の循環のものより良いです。
        真っ二つに切って、切り口をスリスリするとアクが出るんですが、今年のキュウリはそれが殆どナシ。
        味も食感も満足度の高いものができてゴキゲンですね(^・^) 
        収穫量もこのくらいでちょうどいいし、キュウリは今後は固形培地耕で十分だとわかりました。

        オマケで同居しているミニトマト、ピンキーもミニキャロルも循環のものよりも間違いなく味は上です。
        収穫量はわずかですが、満足度が高いので問題なし! こんな同居もアリですね(笑)

        もともと片方にクエン酸水溶液を混入する実験で始めたこの装置ですが、途中で実験は中断しました。
        あ、そういえば梅雨明けしてからクエン酸の葉面散布してない! 今こそ散布する時ですね! 明日やろう。


        同じく固形培地耕のゴーヤ2種。
        理想的なグリーンカーテンにはなってないけど、まあまあ?ってとこですかねぇ。
        言い訳すると、台風騒動の時にネットを切ってデッキの上にしばらく寝かせてたんですよね・・・・。
        その時にも生長してるから、ヤケに左側にツルが集中してしまった感じです。今さらほどけないしねぇ。

        高さももう3.5mを超えて、もうすぐ2階ベランダの手すりに到達です。月末にはそこで摘芯になりそう。
        一番果も今日の時点で25センチくらいになったから、月末には初収穫になるかもしれません(^・^)

        昨日は着果している実のルーツをたどって、白ゴーヤのほうにはタグをつけました。
        カーテンの70%がしろくま、30%が白ゴーヤって感じだけど、着果数もしろくま7、白3と同じ感じでした(笑)

        液肥消費ですが、しろくまは半端ないです。もう20リッター/日くらいは食ってます。
        この面積で実もたくさんついてますしね、当然ですね!! EC2.0基準で管理してますが、こちらもジワジワと下がってきてます。
        ゴーヤも去年は循環で栽培したけど、やっぱり葉の状態が固形培地耕のほうが断然いいです。
        黄色くなる葉が極端に少なくて、下のほうの葉もぜんぜん綺麗なのは去年と一番ちがうところ。
        初めての白ゴーヤなので味の違いを比較できないけど、期待できるかも!?


        とうに根マットが限界に来ている水耕フルティカですが、なかなか頑張ってくれてます。ビックリ(゜o゜)

        これ以上根を伸ばさないように、どんどん枝を落としているんですが、今日ふと棚の下から見上げたら、
        なんか結構いい感じの景色に見えたので撮ってみました。 うん、一応トマト棚って感じに見える!!(笑)
        まあ実際はプランター栽培のミニキャロルの枝もかなりかぶさってきてるんですが^_^;
        左側の小さい実はミニキャロルです。

        まだ100個くらいは実が残っているから、160-170個くらいの収穫となりそうですが、ミニトマサイズの実も結構
        あって、ちゃんと中玉サイズになってくれるかは怪しい感じです。
        でもまあ食べて文句なく美味しいので来年はもう少し大きな栽培槽でノビノビ育ててやりたいですね。
        今年の我が家の生食トマトは8割がフルティカでまかなえていて、育ててホントに良かった品種ですね!!

        今年の夏トマトは7品種、すべて苗を1株ずつ購入でスタートしました。
        今27株ほど夏トマトを栽培中ですが、20株は脇芽からの栽培でお得感は大きいですね(笑) 
        この水耕フルティカももちろん脇芽栽培です。


        秋トマトのパープル・バンブル・ビーが着果しました!! ピンボケですみません(^▽^;) 
        根も増えていまのところ順調です。
        秋トマトは現在、大玉1、ミニ3ですが、ミニの残りも開花して、大玉はもうすぐ開花ってところです。
        ミニのピンク・タイガーがさっそく窒素過多でクルクル巻いています・・・。根の増え方もいまひとつでちと心配です。
        今のところ脇芽は全てカット、カットした脇芽はもちろん育苗に回しています。

        秋トマトは1本仕立てを厳守するつもりで、初期に暴れると困るので今のところECは1.5程度です。


        いずみさんから脇芽を送っていただいたタイ・ピンク・エッグが完全に培地に根付きました。
        もうそろそろ定植できるサイズです。このまま固形培地耕でゆくか、それとも固形培地耕+循環のような
        新しい方式で行くか悩み中です。


        種まきしたピンク・エッグも無事に本葉が出てきました。

        この品種は2段で芯止まりするらしいので、どういう方式が
        一番良いのかわかりませんが、とりあえず3株栽培できそう
        なので、固形培地耕、循環、パッシブ、3種でやってみようかな。

        タイ原産で暑さに強いってことなのでかなり期待してます(^・^)







        土曜日は家族に手伝ってもらって、一気に600個ちかくのトマトを収穫しました。
        今回は主に大玉トマトを使って大量のトマトソース作り、鶏肉のソテーにトマトソースをかけても激うまです(^・^)
        昨日でミニトマトの収穫は4000個を超えました。なんやかやで去年と同じくらいの収穫はできそうです。

        長い記事にお付き合いいただきありがとうございます!






         
        応援していただくと励みになります!
        ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
        にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
        にほんブログ村
              
        2014.06.27 Friday

        万願寺とうがらし、初収穫(^・^) ゴーヤ近況6/27【追】

        0

          4月29日に定植した万願寺とうがらしの初果を収穫しました(^・^)
          近所のスーパーで50円で買った苗でしたが、ちゃんと万願寺みたいなので安心しました(笑)
          一本しかないのでとりあえず焼いて喰ってみるかなぁ。美味けりゃいいけど!

          ------------------------------【追記 6/28】------------------------------
          万願寺、ガーリックオイルで炒めて、塩コショウ、仕上げにちょびっとニンニク醤油で食べてみました。
          うん、普通に美味かった(笑) 夏の網焼き素材として活躍してくれそうです(^.^)

          トマトの糖度もしつこく計測(今夏は計り続けますよー) ※計測は適当に選んだ1個のみなのでアタリハズレあります

          ・ガンバ 7.2度  平凡なミニトマトの味だけど旨みが少し乗ってきた感じ
          ・シュガーミニ 9度  糖度上がってきた! 甘みが強いけどアッサリ風味 トマト臭さ少ない
          ・ミニキャロル 8.5度 私の口に入らず・・・前回は一番好みの味だった 期待値↗
          ・フルティカ 7度 トマトの旨み、酸味、甘みのバランスがイイ! 文句なしに美味い! トロっとした食感もイイネ!! 
          ・夏すずみ(きゅうり) 6度 生食の食感も悪くない。漬物にしてもパリパリで普通に美味い

          ------------------------------追記ここまで------------------------------



          万願寺以外のペッパーはすべて種から栽培しているもので、定植時は小さな双葉でした。
          デカチャンプ、バナピー、黄とうがらしはいずみさんからの頂き物。鷹の爪は自家採取。
          遅い種まきでしたが定植から2ヶ月でようやく花芽がつくところまで来ました。
          ここは虫害がひどくて、これまた教えていただいた100均の虫とりシートを設置してみましたけど、
          まあいろんな虫がひっついてくれてます。
          でも、蜂や蝶、テントウなんかも同時に捕獲されるんですよね(^▽^;)  一度くっついたら救出は困難です・・・。

          一番効果があるように感じるのは自家製のペッパースプレーかなぁ。
          これを散布しはじめてからは食害が減ったような?? 気がするだけかもしれませんけど(笑)

          液肥は現在はEC1.6-2.0程度で調整しています。
          消費量は少なくて、晴天の日が続いても10日くらいは放置できています。
          二重断熱と遮光シートのおかげか、液温もなんとか30℃以下に保ててるようですが、梅雨が明ければ
          5度くらいはすぐに上昇してくるんでしょうねぇ・・・。 さらに対策を考えないといかんな。


          新しい方式の固形培地耕で栽培しているゴーヤ2種ですが、生長はゆっくりめ。
          去年の循環に比べるとイライラするほどスローですね^_^;

          しろくまゴーヤは親ヅルがやっと1.5mを超えてきたのでそろそろ摘心しましょうかね。
          既に子ヅルもたくさん伸びているのでこのまま放置しても良いですが・・・。【追記6/28】 摘心しました(^・^)

          撤退が濃厚だった白ゴーヤですが、ちょっと元気になってきた感じではあります。
          株元から新しいツルが出てきて伸び始めたし、期待は薄いけど引っこ抜くのも可哀想になってきました。
          根も液肥に伸ばしてきましたから、もしかしたらこれから加速してくれるかも? 引き続き様子見ですね!


          それはさておき。

          ここ最近、庭に出るとコバエが大量に発生しています。それも午前中の限られた時間帯のみ。
          だいたい8時から11時くらいの間かなあ。
          その時間帯はもうどこもかしこもコバエだらけで、コーヒーを片手に庭に出ると、一分もしないうちにコーヒーの
          中にコバエが何匹も飛び込んできて飲めなくなります(-.-)
          もちろん、顔や体にもどんどんつくので気持ち悪いし、口を開けることも出来ない状態なんです・・・。

          いずみさんから同じような被害のニュースがあると情報をもらったんですが、まさにコレ。同じです。

          固形培地耕のプールが発生源?と思ったんですが、我が家の庭では発生源らしい場所は特定できず・・・。
          高温多湿で頻発するらしいから、梅雨の時期だけとは思うけど、網戸も簡単にすり抜けてくるので
          風も通すことができないので生活にも支障が出ているほどなんです。

          午後からは何事もなかったかのようにパタンといなくなるんですけどねぇ・・・。

          今年は関東方面でもカメムシの大発生注意報が出ていますね。
          カメムシも超イヤですけど、コバエも相当ガッデムですよ! はよ梅雨明けろ!!



           
          応援していただくと励みになります!
          ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
          にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
          にほんブログ村
           
                
          2014.06.16 Monday

          ペッパーレポ6/16 絶賛食害中(^_^;)

          0
            2週間ぶりのペッパーレポですがこれといったトピックスはナシ(笑)
            ただ言えるのは、順調に葉が穴だらけにされていってるってことでしょうかねぇ。


            もちろんそれぞれがゆっくりと生長はしていますけどね、害虫被害・風被害で葉は傷んでます、どれも。
            50円苗を買った万願寺とうがらしは着果・肥大中ですが実も傷んで収穫が微妙な感じ・・・。
            ここは水耕ゾーンの中で最も温度が上がる場所なので、容器の断熱も他より強力にしていますが、
            さらに100均の遮光シート(85%)ってのをかけています。効果は少しはあるみたい。

            そもそも水耕ゾーンは全面コンクリなので、ホントは遮光塗料などを施工したいところですが、塗るなら一気に
            全面塗らないとおかしいので(結構な色がついている)、今年は無理です。
            人工芝でも少しは違うと思うんですけど、風で飛ばされそうでまだ考え中です。


            ※写真の日付、6/16の間違いです。
            循環装置のデカチャンプも生長してるけど、日に日に悲惨な見た目に(T_T)
            ペッパーの害虫ってたくさんいるけど、地上から1メートルくらいの位置の水耕でもジャンジャン食われます。
            基本無農薬でやっているので仕方ないですね、カダンセーフの散布くらいじゃ殆ど無意味っぽいです。


            黄とうがらしはトマト棚の下付近に置いてるので、最近は日照条件が悪すぎ^_^;
            移動すればいいんですけど、電源の関係で放置されてます。午後からしか陽が当たらない感じで貧弱かも。
            梅雨が明けたら陽あたりの良い場所に移動させてやらないと。


            見難いですけど、後ろに土耕ペッパーが植わってます。
            手前が固形培地耕ですが、明らかにこちらのほうが生長具合は良いですね(^・^)
            抜群の通気性と大塚液肥で栽培条件としては最適なんじゃないかな。遮光サボって藻だらけではありますが(笑)
            おまけに葉っぱも穴だらけで前途多難ではあります・・・。


            土耕ピーマンも相変わらず穴だらけ・・・。
            ここも地上から1メートルほど上がった場所なので、ヨトウムシなんかは考えにくいけど、おそらく
            タバコガの幼虫なんでしょうねぇ、毎年毎年、一番果は100%穴あきです^_^;
            カダンセーフの散布やクエン酸水溶液も試していますが、効果があったのはアブラーくらいかな。
            まあ正直言ってこのピーマンは脇芽摘みもサボってるし、殆ど放置なので文句も言えませんが。
            あまり大量に収穫しても食べきれないし、収穫期が長いので適当に頑張ってくれればOK!

            まだペットボトルで苗状態のペッパーが2株ほどあるんですが、このまま2Lボトルに移動して栽培するつもりです。
            トマトに比べると、ホントにペッパーは水食わないですネ! ゴミ箱で栽培しているペッパーは同じ容器のバジルが
            半分に減っても1センチくらいしか水位下がってません。今のところは2週間でも無補給でいけてます。
            現在は2週間ごとに半量交換って感じで楽チンです。
            なので最後までペットボトルでも1日1回の補給でいけそうな気がしてきました。

            ついでにちょっとトマト。

            8度になるというフルティカですが、今のところ完熟させてみても糖度計の目盛りは6.5度から上がらず(~_~;)

            ただね、食べると普通以上に美味いんですよねー だから全然文句はないんだけど。
            でも、今年は味を追求すべく、いつになく土耕トマトに気合を入れてみた割にはこんなもんかと(笑)
            せめてお品書きにある8度ってのは達成して欲しいなぁ。6.5度だって十分に甘みはあるんですが・・・。

            先日、市販のトマト(桃太郎系)を買ってきて計測したら、5度でした。そして全然美味くなかった(笑)
            トマトも当たり外れが大きいので、結構バクチですよネ!
            今年はいろんな市販トマト買って糖度を計ってみるつもりです(^・^)

            【6/17追記】
            semireyさん、いずみさんに「黄色はあかん!!」と教えていただき。
            さっそくベージュの遮光シートに変更しました(^・^)
            イエローのシートを片付ける時に虫チェックしたら、
            アブラーはいませんでしたが、ダニ系のがポツポツいました。

            にしても、このベージュのやつ、ガムテープに見えて仕方ないです(笑)



             
            応援していただくと励みになります!
            ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
            にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
            にほんブログ村

             
                  
            2014.04.29 Tuesday

            今年のペッパーはパッシブ水耕で!

            0
              今シーズン栽培予定のペッパーたちは

              ・デカチャンプ(ピーマン)
              ・バナナピーマン
              ・黄とうがらし
              ・鷹の爪

              このうちデカチャンプは新しく作った縦型の循環装置で栽培することを決めています。
              残りのペッパーをどうしようかと考えていましたが、今年はパッシブ水耕で行くことにしました。
              昨シーズンもパッシブ的な栽培はいくつかしたんですが、単にペットボトルの補給が面倒になって
              大きな容器にザブンと漬けただけだったり、ゴミ箱にスポンジで挟んだだけだったりで、パッシブには
              違いないですが、液面がどんどん下がる夏には根が露出して乾燥するという欠点がありました。

              プロ農家がやっているパッシブ水耕を調べて、それをアレンジ(手抜きとも言う)して去年の欠点を
              補う工夫をしてみます。

              去年のゴミ箱は容量が実質容量が4リッターのものでしたが、今年はちょっと大きくしたかったので
              すべて新しく材料は揃えました。 ※すべて100均です(笑)


              これが完成形です。ゴミ箱は実容量7リッターほどのものにアルミシートで遮光しただけです。


              中はこんな感じですが、去年との違いは培地用に500mlのペットボトルをそのまま使ったこと。


              セットした時の位置関係はこんな感じ。培地はバーミキュライトで、実際はペットボトルの底まで満たします。
              水位が半分に下がってもバーミキュライトの層があるため、根の乾燥もある程度防いでくれるだろうし
              同時に呼吸もしやすいと思います。

              ペットボトルの加工ですが

              鉄板焼き用のコテをガスで熱してやると簡単にスリットが開けられました(^・^)
              コテは一度こんな使い方をすると調理用には使えませんので、これは水耕専用の道具となりました(笑)


              こんな感じのスリットが簡単にできます。根が出てゆくのに必要十分な大きさだと思います。


              上から見るとこんな感じです。一応底にも穴はあけましたが、実際は殆どスリットから出てくるような気がします。


              フタにセットしたところ。脱落防止のために、園芸用の細い丈夫な支柱をペットに貫通させています。
              あとは、培地のバーミキュライトがこぼれないようにする必要がありますが、私は100均のストッキングネット
              を使ってます。キッチンの排水口用のネットなんですが、これは根も楽に通ってくれるし腐食しないので
              去年からよく使いました。


              バナピー、黄とうがらしはいずみさんから種をいただいたもの。
              鷹の爪は去年収穫した実から、
              万願寺とうがらしは昨日スーパーで50円で売ってるの見つけて無意識のうちに買ってました(笑)

              万願寺以外は双葉が出たところでなんとも頼りない感じはしますけど、多分大丈夫。
              同時進行でそれぞれ育苗していますから、もし何か問題が起これば植え替えますが・・・。

              このやり方はもちろん初めてですけど、失敗する気はしません(^.^)
              だって、このやり方は去年やったカゴ&トレイ(固形培地耕)と基本的に同じですからね!
              まあ培地容量が小さいので、すぐに根がはみ出るでしょうから途中からは単なる湛液型水耕ですけど、
              それでも水位が下がったときの保湿はかなりの効果がありそうだし、なにより保湿しながら呼吸もできる
              ってとこが具合良いのではなかろうか? と予想してます。

              ちなみに、プロ農家がやっているパッシブ水耕システムでは、パッシブ専用培地を使って、
              ルートストライカー(筒型のパイプ、栽培容器)から根が出ないように遮根シートを貼るそうです。
              しかも! 基本的に液肥は定植時に容器に満たしたら栽培終了まで補給の必要がないとのことです(゜o゜)
              容器と培地の比較は、たとえばペットボトルくらいの太さなら大き目のバケツ位らしいんですけど、
              これに関しては俄かには信じがたいです・・・。
              いくらなんでもねぇ・・・容器から根がでないようにしても、それなりに蒸散もするだろうし、自然蒸発だって
              しますからね。 どういう訳でそんな夢のようなことになるのか知りたいですよね(笑)
              もし、個人レベルでそれに近いことが出来るなら、ぜひやりたいですよネ!!

              それはともかく。
              今年のやり方でどのくらいの生長・収穫になるのか今から楽しみです(^・^)
              装置はあと2つ作ってあるので、バジルとあとなにか1種類、計6株で今年は行ってみます。


               
              応援していただくと励みになります!
              ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
              にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
              にほんブログ村


               
                    
              Author:
               
              水耕栽培ブログランキング
              にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
              にほんブログ村



              ◆過去記事タイトル一覧◆
                          
              Search this site.
              Categories
                          
              Archives
              Calendar
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              25262728293031
              << October 2020 >>
                          
               
              ◆過去記事タイトル一覧◆
              Recent Comment
              Links
                          
              Selected Entries
               
              ◆過去記事タイトル一覧◆





              水耕栽培ブログランキング
              にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


              過去記事タイトル一覧




              過去記事タイトル一覧


























































              クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
              PR
                          
              PR
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM