2016.07.16 Saturday

循環水耕トマト棚 定植から78日

0

    今年は梅雨明けが早まるなんて予想でしたが見事にハズレてます。

    この12日間は日照も少なくて雨ばかり・・・

     

    博多では祇園山笠の追い山(フィナーレ)と共に梅雨明けって感覚なんですが

    気象庁の週間予報では明日からの1週間、晴れの日は一日もありません(+_+)

    去年並の梅雨明けになるのかなぁ。

     

    明日から1週間ばかり姪っ子が滞在するので、トマトをイヤと言うほど食べさせたかった

    んだけど、たった2株しか栽培してないとそうも行きそうにありません^_^;

     

    ミニトマトの循環水耕なら既にたくさんストックもできてると思うけど、大玉+中玉だから

    数が少なくて見た目のインパクトは全くありませんねぇ。

     

    今日は時折晴れ間も出ています。たまの晴れ間でぜいたくトマトはシオシオ、フルティカは元気!

     

    フルティカはぼちぼち収穫できていますが、雨続きで割れてしまうものも結構あります。

    棚の下の実はサイズも上出来、味も平均点をクリアしていると思います。

     

    ぜいたくトマトは実割れのために先日1番果を収穫しましたがまだ食べていません。

    こちらも棚の下の実はぜいたくトマトの標準をかなり超えるサイズが揃っています。

     

    ぜいたくトマトの標準サイズは100g程度とのことだから、まあまあのサイズですかね!

    去年のぜっぴん!トマトのような桃太郎サイズには及びませんでしたが・・・。

    でもずっしりと重量感があって、ズドンと水にも沈んでくれたから期待できそうです。

    明日の夕方にでも姪っ子と食べてみたいと思います^ ^ 糖度も計ってみよう(笑)

     

    今年はトマトのスタートが例年の1ヵ月遅れだったわけですが、やっぱりステージはかなりズレていますね。

    気温の関係があるから1ヵ月までの差はないけど、半月分くらいはズレている感じかな?

    例年だと6月の下旬にはトマト祭りも盛大に始まっているのに、今年はようやく今からかなという雰囲気ですね!

     

    管理のほうはまだまだ楽チンです。というか、多分ずっと楽チンだと思う・・・。

    液肥調整は雨が降ると2日に1回は必要ですが、まあ3分もかからないので。

    葉かきはホントは晴天の午前中が良い(傷口からウイルスが侵入するから早く乾くほうがいい)けど、

    こう雨続きだとそうも言ってられません。時折の晴れ間を狙ってやっています。

    まあ水耕だし、今年は土も触らないのでそれほど心配ないとタカをくくっています。

     

    サビダニも来てないし(多分(笑))、うどんこもナシ。

    この調子なら盆前に撤収なんてことにはならないよね? イヤ、ならないで頂きたい!!

     

     

     

    栽培品種の一覧と味レポの記録は以下のファイルにまとめています。

    "2015シーズン 栽培品種一覧"  "2015シーズン トマト味レポ覚書"

     

    応援していただくと励みになります!
    ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
    にほんブログ村
          
    2016.07.04 Monday

    循環水耕トマト棚 定植から65日

    0

      この10日間は梅雨らしい天気が続いていますねぇ。

      心配したほどの豪雨ということはないんだけど、ヤケに風が強い日が多いです。

       

      まだ棚に寝そべるほどには枝も伸びておらず、直立に近いもんだから風の影響を

      まともに受けて結構ダメージもあるみたい。

      その強風と雨が止んだ翌日に強い陽射しになって、枝という枝はシオシオに・・・。

       

      ようやく昨日くらいに萎れから復活して、今日はとんでもない猛暑でしたけど、

      前回ほどには萎れは出ておらずまあなんとか元気です。

       

      ただし気温が35℃超えで水温も30℃前後まで上昇しているから根はダメージ受けてると思います。

       

      ようやく枝は倒れつつあります。風の影響で変に絡まってるけど、もはやどうしようもなく・・・。

       

      フルティカ側。棚から下は例年より少なめだけど、棚の上は結構な数が着果しているようで良かった!

       

      ぜいたくトマト側から。こちらも棚の上はそこそこの着果で、今のところ尻腐れも出ていません^ ^

       

      昨日、一番果を食べてみましたが、いつも通りにバッチリ美味しいトマトになっていましたよ!! 

       

      去年に比べれば気象条件は良いから、収穫数はともかく、フルティカは心配なさそうです。

      ぜいたくトマトはまだ色づき始めてませんけど、この分なら多分美味しいでしょう(笑)

       

      去年の今頃はうどんこで大変だったのに、今年はまったく出てません。

      サビダニも今のところ大丈夫。唯一の問題は水温ですね。

      明日も今日以上の猛暑ということなので、ペットボトル氷を投入してみたいと思っています。

       

       

      黄とうがらし本鷹はようやく昨日、定植しました(土耕)。

      条件の良い場所じゃないからどのくらい収穫できるかは未知数ですが、たくさん採れて欲しいもんです!

       

       

       

      栽培品種の一覧と味レポの記録は以下のファイルにまとめています。

      "2015シーズン 栽培品種一覧"  "2015シーズン トマト味レポ覚書"

       

      応援していただくと励みになります!
      ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村
            
      2016.06.24 Friday

      豪雨と暴風と トマト定植55日目

      0

        つい数日前まではホントに雨の少ない梅雨だなぁと思ってたんですが、

        帳尻合わせのように降りますねぇ・・・。今日の福岡は朝から暴風も吹き荒れています。

        とはいえ、我が家は被害は皆無に近いので今の所はなんてことはないんですが。

         

        ただ明日以降も西日本は大雨が続きそうですから楽観はできませんし、当該地域の方はご注意ください。

         

         

        さて、今シーズン唯一の菜園、水耕トマト棚の近況です。

         

        6/19に1回目の葉かきをしました。栽培容器、自動給水器の日よけ効果は下がりましたが、

        結果的には豪雨の前にスッキリして良かったと思います。

         

        この時期は雨に降られると一気に伸びてきます。どしゃ降りで花落ちもかなりありました・・・。

         

        今朝は午前中から暴風が吹き荒れていて、正面からの風に煽られて枝が立ち上がっています。

        既に何本か被害が出ていますが、まあ暴風や台風にやられるのは毎年のことなので仕方ありません!

         

        棚の中央部を下から見上げたところ。雨が上がったらもう少し葉かきしても良い感じ。

         

        フルティカの1段目がやっと色づき始めました! ツルボケのせいで数はかなり少なめ・・・

         

        ぜいたくトマトの1段目は2個。去年のぜっぴん!と同じパターンですが、やっぱり少し大きめサイズみたい。

        こっちもツルボケだけど、後半盛り返してくれる品種らしいのでちょっと期待。

         

        去年は梅雨明けがなんと7/28という遅さで、殆どのトマトは梅雨明け前に撤収というとんでもない展開でしたが、

        今年は定植が5/1と例年より一月も遅かったこともあって、まったく展開が読めません・・・。

        7月の中旬に一週間ほど姪っ子が遊びに来る予定なので、その頃に最盛期なのがベストなんですけどね!!

         

        EC管理ですが、今週はもうめちゃくちゃです。

        雨よけしてないから、葉っぱで受けた雨水は枝を伝って定植カップへジャンジャン流れ込みます。

        ですので、朝EC2.6に調整したのに、夕方には0.3(笑)なんてパターンの日も実際ありました。

         

        晴天の水奴隷は自動給水で解消されたけど、雨降りの日はEC管理奴隷になるんですねぇ^_^;

        ま、計測して原液投入して、2分もあれば出来るから文句言うほどでもないですけどね(笑)

         

        もう放置してる猶予はありませんねー 雨上がったら定植します。※土耕で行くことにしました・・・

         

         

         

         

        栽培品種の一覧と味レポの記録は以下のファイルにまとめています。

        "2015シーズン 栽培品種一覧"  "2015シーズン トマト味レポ覚書"

         

        応援していただくと励みになります!
        ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
        にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
        にほんブログ村
              
        2016.06.14 Tuesday

        定植から45日 循環水耕トマト棚

        0
          福岡は6/4に梅雨入り、予報では平年よりかなり降水量が多いとのことですが、今のところはむしろ少ないです。
          去年は長梅雨で日照時間も平年の50%と、夏野菜にとっては致命的な悪条件だったんですよねぇ。
          できればこのまま適度な雨量で梅雨明けして欲しいもんです。

          5/1の定植から45日が経過したトマト棚の様子は・・・







          前回レポより2週間ですが既にジャングル状態(-_-#)

          混み合って風通しも気になる所ですけど、我が家は風だけは強いのでその点は大丈夫(笑)

          お気付きだとは思いますが、ぜいたくトマトフルティカ、共にボケ気味です。
          もっと上手くやる方法もあるんだろうけど、私のやり方だと初期段階ではどうしても窒素過多の症状が出て
          ボケてしまうんですね・・・。

          今年は特にEC管理がアバウトで、
          とりあえずEC2.8前後に調整 → 1週間で1.0前後に → 原液投入して再び2.8前後に
          こんな感じに横着してるもんだから余計に葉が繁ってるんでしょうね。

          全体の収穫量としては、おそらく上手な人がやった場合の半分程度になるんだと思いますが、
          それでも我が家には必要十分な収穫にはなると思うのでまあ気にしません。もう数も数えないしね(笑)

          とはいえ、ぜいたくトマトフルティカともに1段目から着果していますし、ようやくお花畑になりつつあります。
          梅雨明けまでにどこまで拡がってくれるかで収穫量も決まるので、今から1ヶ月が勝負です。




          黄とうがらしは早く定植してやらねばいかんのですが、まだ簡易温室に放置中です^_^;
          本鷹は1株のみ発芽、1粒種のジャンボ甘長は発芽しませんでした(-_-#) 非常に残念!!


           
          栽培品種の一覧と味レポの記録は以下のファイルにまとめています。

          "2015シーズン 栽培品種一覧"  "2015シーズン トマト味レポ覚書"

          応援していただくと励みになります!
          ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
          にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
          にほんブログ村
                
          2016.05.30 Monday

          定植から一ヶ月 フルティカ+ぜいたくトマト

          0
            福岡もそろそろ梅雨入りが近いはずですが、週間天気予報によれば今週いっぱいは晴れ模様らしい。
            まあ週間天気なんてハズれてがっかりさせられることのほうか多いのでアテにはしませんが、トマトに
            とってはこの時期に晴れが続くのは良いことですね(^.^)

            定植から1ヶ月経った循環水耕トマト棚のフルティカぜいたくトマトも、5月の好天のおかげで
            今のところ順調に枝を伸ばしています。






            左がぜいたくトマト、右がフルティカ、どちらも草勢の強さを感じますが、やっぱり大玉→中玉→ミニの順で
            窒素過多の影響を受けるみたいですねぇ・・・。大玉は縦に伸びるよりも横に拡がっちゃいます。

            脇芽を摘んでやれば縦に伸びそうな気がしますが、実際はそうはなりません。幹だけ異様に太くなって
            異常主茎が頻発するし、着果ミスも増えるんで循環水耕では完全放任が良いような気がします。

            生長ステージや根の量に合わせて液肥の濃さを調整することで多少は違いがあるんだとは思うけど、
            そもそも常に根の周りに液肥が循環している方式だと、液肥が薄くてもジャンジャン吸肥しちゃうから
            あまり関係ないんじゃない? 3シーズン同じ方式でやってみてそう思います。

            それよりも草勢の強い、丈夫な品種を選ぶのが成功のポイントじゃないかな(笑)

            5月の管理ですが、給水は自動、液肥調整(EC計測して原液を追加するだけ)が3回、ほぼ放置^_^;

            梅雨入り〜梅雨明けまでは少しEC調整の回数が増えるくらいの予定、ただ、天候次第ではそろそろサビダニの
            チェックもしないといけませんね! まあ今年はトマトはこの2株しかないんで点検もコロマイトも余裕かな。


            遅いスタートのペッパーは発根のあと外の簡易温室に移して、ようやくこんな感じ。発芽率は悪くないです。
            ただし、本鷹はようやく1株の発芽、1粒種のジャンボ甘長はいまだ発芽せず・・・。

            黄とうがらしは数があるので、久しぶりにペットボトル水耕でもしてみようかと考え中です。

             
            栽培品種の一覧と味レポの記録は以下のファイルにまとめています。

            "2015シーズン 栽培品種一覧"  "2015シーズン トマト味レポ覚書"

            応援していただくと励みになります!
            ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
            にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
            にほんブログ村
                  
            Author:
             
            水耕栽培ブログランキング
            にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
            にほんブログ村



            ◆過去記事タイトル一覧◆
                        
            Search this site.
            Categories
                        
            Archives
            Calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>
                        
             
            ◆過去記事タイトル一覧◆
            Recent Comment
            Links
                        
            Selected Entries
             
            ◆過去記事タイトル一覧◆





            水耕栽培ブログランキング
            にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


            過去記事タイトル一覧




            過去記事タイトル一覧


























































            クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
            PR
                        
            PR
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM