<< ぶくぶくDFT いろいろ | main | ペットボトル水耕 5/9の様子 >>
2013.05.09 Thursday

水切りトレイ水耕 5/9の様子

0


    いろんな方のブログで知識を得て水耕栽培にチャレンジしているわけですが、
    水耕やる方なら誰でもご存知のこの方式ははずせません!

    実際やってみて、ことレタスに関しては確かに電気や装置など使わなくても
    十分にできることがわかりました。
    材料も100円ショップで調達できるものばかりだし、毎日食べたいレタス類が
    手軽に出来るというのは素晴らしいです。

    ただし、やってみていろいろと問題点(私にとってのですが)も出てきました。

    まず、なんといっても液肥の管理ですよね。
    もともとの量が少ないこともあって、気温が25度を超える日も多い5月に入ると
    朝確認しても夕方にはカラカラになってることも多い。
    すぐに液肥を追加すれば今のところ問題はありませんが、仮に一日忘れて放置してしまったら
    おそらくマズイことになるだろうと思います。

    次に藻の問題。培地にバーミキュライトやパーライトを使っていますが、どうしても
    完全な遮光は難しく、見た目に不衛生な感じは否めません。
    特に生食することの多いレタスですから、緑色の液肥を吸っていると思うと
    ちょっとだけ嫌な感じです(笑)

    ではトレイに穴を開けてオーバーフローさせるとか、トレイを複数別の大きな容器に
    入れて管理を簡単にするとか、市販品の中にはトレイを連結してオーバーフローさせる
    ような装置もあるようですが、そんなことするくらいなら発砲スチロール箱で簡単なDFT装置
    を作ったほうが早いですよね。

    「簡単に安くできる」ことにメリットがあるのであって、その分手間がかかるのはいたしかた
    ないことかもしれません。

    私にとっては、ともかく液肥の管理が面倒、これにつきます。
    そもそも、いろいろと手を広げすぎとの声が聞こえてきそうですけど^^;、

    ですので、液肥の管理の楽な冬から初夏の間くらいかなーと思っています。

    その季節ならば、準備も簡単だし、種も直接まけるし、藻もそんなに発生しないし
    液肥も減らない、殆どほったらかしでもそれなりに育ってくれますからね!
    またレタス類だとかなりの密植、私の場合はA4サイズのトレイにコップ12個分を
    一度にやってもなんとかなってます。

    というわけでシーズン限定で今後もレタスはやろうかなと考えています。




     金町こかぶ、リーフレタス、赤じそなんかを実験的にやっています。
    左ふたつはコップにバーミキュライト、右側はお茶パックにパーライト。

    こかぶは単なる興味本位で、水耕で根菜できるかなーという程度です。
    カブやミニ大根はプランターで十分収穫できていますので、今回限りの実験です。

    お茶パック+パーライトは育苗方法としても使えそうです。
    実際にこれで育ったのをぶくぶくDFTに移植しましたが、順調に生育中です。
    ただし、お茶パックだと根が突き抜けますので、移植の際にこれを傷つけずに
    抜くのが少々コツがいりますね!

    でも、今までの短い経験でもレタス類は少々根が切れても問題なく育つ感じです。



    チンゲンサイとチマサンチュもこの方式で実験中ですが、やはり5月ともなると液肥の管理が
    大変だとわかりました。液面の調節も難しい上に、しょせん少量しか入りませんからすぐに
    カラカラに・・・。 この手間をかけるくらいならば、フロート式の育苗マシンで苗を作ってぶくぶく
    マシンに移植するほうがずっと良いような気がします。

    ただし、やってみてわかったことですが、ぶくぶくはお手軽で電気代も気にしなくていいんですけど
    なにしろ音がうるさい。

    現在2台のエアポンプで6台のぶくぶくマシンを稼動してますが、夜はうるさいのでプログラムタイマーで切るようにしています。(夜8時以降は一時間に15分だけ稼動)
    確かに隣近所に迷惑かかるような音ではありませんが、ブーンというハム音にも似たあの音は
    気にしだすとやたら気になります。もちろん、家の中に入れば全く聞こえませんけどね。

    静かだ、と評価の高いエアポンプを選んで買いましたが、それでも気になります。
    反対に水中ポンプのほうは深夜でもまったくと言っていいほど音はしません。
    かすかに液肥槽の中からエアが流入する音が漏れてくるくらいのものです。

    だから、極端な話、今ぶくぶくしてるマシンを全て水中ポンプ方式に変更してもいいと
    考えているくらいなんです。消費電力は2wから6w程度にアップしますが、メリットを
    考えればそのくらいは許容できるかなという気がしないでもない・・・。

    まあ、今シーズンはいろんな意味で実験の年ですから、あまり急いで結論を出さずに
    結果を見守りたいとは思います。

      
    応援していただくと励みになります!

    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
    にほんブログ村
           
            

    同じカテゴリーの最新記事です

           
           
          
    2017.05.16 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
            
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Author:
       
      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村



      ◆過去記事タイトル一覧◆
                  
      Search this site.
      Categories
                  
      Archives
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
                  
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆
      Recent Comment
      Links
                  
      Selected Entries
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆





      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


      過去記事タイトル一覧




      過去記事タイトル一覧


























































      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      PR
                  
      PR
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM