<< 矮性トマトの撤収開始とぜっぴん!トマト2番果 | main | 台風ウィーク 撤収ウィーク >>
2015.07.10 Friday

トマトはみんな撤収開始

0
    JUGEMテーマ:家庭菜園

    先日からもう撤収作業に入った今年のトマト。
    トマト大王タンブリングトムに続いて、ずぼらっこ(品種名マンマミーア)の撤収作業に入りました。




    これは直前の様子です。固形培地耕、水耕ともに今年のトマトの中では葉っぱがあるほうです(笑)
    うどん粉には一番強かったとはいえ、今年のうどん粉はサビダニより脅威でしたorz
    サビダニの進行をなんとか止めたのに、まさかうどん粉で梅雨明け前にこんなになるなんて予想外です。

    撤収を始めましたが、まだまだ青い実もたくさんついていて、株が死んでるわけでもないので赤い実を
    採れるだけとって、残りは熟すまで待って完全撤収します。


    2株から採れたのは385個、3.2kgでした。トマト大王に負けない実付きですよ!
    味も決して悪くないレベルなんですが、私はどうも皮が気になって生食はしていません。でもこれは今年は
    他に美味しいトマトが数種類あるからで、もしコレがサラダバーにあったら食べると思います。

    一緒に収穫したコストルートジェノベーゼずぼらっこ全部で2回目のソースを作りました。
    前回はほぼトマト大王で作りましたけど、今回はより酸味の効いた美味しいのが出来上がりましたよ(^.^)
    これで、使った分を除いても60人前のストックができました。しばらくトマト料理が続きそうです。

    イタリアナスのロッサビアンコは標準サイズ?まで粘って収穫(笑) 
    しろくまゴーヤは株の調子も悪いし、形の良くない実は摘果しています。
    ちょっと去年のような巨大なのは出来そうもない予感がしますね・・・。


    トマトが早期終了の今シーズン、私はナスに希望を託していますよ!
    日照がほとんどないため落花を続けていた株も、なんとか着果してくれてます。
    うまくゆけば1株で20〜30個は収穫できるらしいから、今年の夏はナスに頑張ってもらおう!

    さて、続いて大玉・中玉ゾーンも撤収開始しました。


    ここもせっかくサビダニは止まったのに、うどん粉でやられちゃいましたねぇ。
    もうそれぞれの肥大もほぼ終わったようなので、バッサリと摘葉しました。もう丸坊主です。


    デリシャスは最初にサビダニにやられて瀕死だったんですが、その後ワサワサになっていました。
    ワサワサすぎて着果した実が1個しかないように見えてたのに、葉っぱがなくなったら結構出てきました^_^;
    デリシャスイエローブランディワイン、それぞれ10個くらいの収穫ができそうです。


    そのイエローブランディワイン、今朝早くに1番果を収穫しました。少し追熟させて試食してみます。


    ゴールデンクィーンは300gを超えてなかなかのサイズでした。
    今年はイエロー系のトマトがたくさんあるから、イエローなトマトソースを作ってみようかな。


    そして他の土耕トマト、プランタートマトも梅雨明けには殆ど終了の見込みです。
    唯一頑張ってくれそうなのは水耕トマト棚だけ。


    サビダニは拡がってないようで、うどん粉もここのところの長雨が洗い流してくれてる感じ。
    日照が極端に少ないから、棚の下から見ると枯れた葉もたくさんあるんですけどね。

    加熱用トマトはもう十分にストックができたから秋まで大丈夫だけど、生食トマトはもうこの棚次第。
    うどん粉はそろそろ心配なくなるはずだし、サビダニ、高温障害、台風と前途は多難だけど、とりあえず
    壊滅状態になっても今年は晩秋まで引っ張る予定です。

    ぜっぴん!トマトのほうはわからないけど、フルティカは去年もほぼ全枯れから復活して秋トマトを
    たくさん収穫させてくれましたので!




     
    栽培品種の一覧と味レポの記録は以下のファイルにまとめています。

    "2015シーズン 栽培品種一覧"  "2015シーズン トマト味レポ覚書"

    応援していただくと励みになります!
    ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
    にほんブログ村
           
            

    同じカテゴリーの最新記事です

           
           
          
    2017.05.16 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
            
      コメント
      >今年のうどん粉はサビダニより脅威でしたorz
      ですよね orz

      うちも、もう完熟を待つだけです。
      生長点付近の花は残していたのですが、うどんこが迫っているし、収穫できる時期に美味しくなるとは思えないので、着果させないで不要な枝は全部落としました。

      >フルティカは去年もほぼ全枯れから復活

      変わり果てた姿になってしまいましたが、そうなってほしいです。
      トマトジャングルもすっきりしたので、うちでは水奴隷は5、6月が一番大変だったということになるかも。
      いずみさま^ ^

      今年は全国的にうどん粉がヒドイような印象を受けますね・・・。
      去年のカメムシもそうだけど、バッタとかイナゴとか時々大発生しますよね。
      特定の環境で生態系が狂う年があるように、今年はうどん粉菌にとって好適な
      環境が続いたのかもしれませんねぇ。 自然には勝てませんね、やっぱり。

      >変わり果てた姿になってしまいましたが、そうなってほしいです。
      >トマトジャングルもすっきりしたので、うちでは水奴隷は5、6月が一番大変だったということにな>>るかも。

      フルティカ、棒になっても復活しますよ(笑) 根さえ生きていれば大丈夫だと思います!
      そして、収穫したトマトもバッチリ美味しいからそのまま見守ってやってください^ ^

      水奴隷・・・梅雨明けのコレを念頭に気合入れて自動給水システムを作ったんですけどねぇww
      まあ循環トマト棚のほうはもうずっと活躍してくれてて楽すぎるくらいなんですが、
      固形培地耕のほうはあまり役に立たなかったなあ・・・。
      まあそれでもナスや秋トマトのこと考えれば、作ってよかった!と思う時がくるのかな(笑)

      振り返るとホントに5月が一番暑かったですよねぇ〜
      サビダニ・うどん粉で早々と終わっちゃうのもきっとそれが原因ですよね。
      ウチのゴーヤなんか、ホントに夏が終わっちゃったと勘違いしてるみたいですorz 
      紅葉しはじめたようですよ?ww
      • bigtomato
      • 2015.07.10 Friday 16:34
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Author:
       
      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村



      ◆過去記事タイトル一覧◆
                  
      Search this site.
      Categories
                  
      Archives
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
                  
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆
      Recent Comment
      Links
                  
      Selected Entries
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆





      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


      過去記事タイトル一覧




      過去記事タイトル一覧


























































      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      PR
                  
      PR
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM