<< うどん粉蔓延(-_-#) 今年は早期終了かも | main | ぜっぴん!トマト試食 結果は・・・ >>
2015.06.25 Thursday

実はサビダニも蔓延してますorz トマトレポ6/25

0
    JUGEMテーマ:家庭菜園

    前回記事で「うどん粉蔓延」と書いたわけですが、実はほぼ全てのトマトにサビダニが生息しています。
    今年は何もかもが前倒しにやって来てる感じですねぇ・・・。
    既に菜園のトマトにはすべてコロマイトを散布しています。
    大玉・中玉ゾーンは既に禁断の3回目、他の殆どは1回目(一部2回目の品種もあり)。

    では前回レポできなかったトマトを中心に書いてみます。

    と、その前に、ようやく1番果を月末には収穫できそうだと書いた水耕トマト棚のぜっぴん!トマトなんですが。

    その翌日のこと。
    栽培槽の中を確認しようとフタを持ち上げた時に、下のほうに着いていた1番果に思いっきり当たってしまったようで、落果しちゃいました^_^;

    もうね、雑な自分に落胆ですよ(笑) なんでやるかなぁ・・・。

    落ちたものは仕方ない、とりあえず体重測定、300gに届くかなと思ってたけど残念でした。ついでに水にドボンしてみたら、浮きも沈みもしない感じの中性浮力。
    うーん、この分だと糖度は期待できそうにないですねぇ。

    この後は実が傷まないようにヘタの部分を下にして室内で追熟中です。
    今日で4日目、だいぶ赤くなってきたから近いうちに味見してみます。


    そのトマト棚ですが、棚の広がり具合を見たくて2階から撮ってみました。


    棚の幅は6メートル、中心より少し左寄りに栽培装置があって、ぜっぴん!トマト側は約2.5メートル。
    フルティカ側が3.5メートルという感じです。
    フルティカのほうにサビダニが着いていて、この棚だけで2リッターほどのコロマイトを散布しました。
    トマト棚をいっぱいにするのが先か、サビダニにやられるのが先か読めなくなってきましたね・・・。

    さて、その他のトマトです。


    5月の初旬、早々にサビダニに見舞われたこの1列は既にコロマイト3回目です。
    2回目の散布の後は進行はほぼ止まってくれたんですが、ここはもう梅雨明けと同時に撤収って雰囲気
    なので、ダメ押し的に散布しました。ちょっと禁じ手かもしれませんけど、まあ良いでしょ?(笑)


    雨が止んだすきに摘葉作業をしてたんですが、急いでバタバタと作業するとだいたいこういうポカをやります^_^;

    今日のはちょっと痛い・・・。
    まだ初果も収穫できていないゴールデンクィーン、結構大きくなってたのをチョッキンしちゃいました。

    とりあえず室内で追熟してみるけどいけるかなあ。






    とりあえず全種類の収穫はできそうで、それだけが救いですね(笑)
    デリシャスは最大1kgにもなる巨大トマトらしいけど、まだ桃太郎サイズにもなってない(笑)


    これは良くコメントをいただく梨乃さんが最近収穫されたクォールディブエ
    鬼花果だそうで、プリーツがスゴイですね(゜-゜) 
    よく見るブエさんとは別品種に見えちゃいますが、なにしろデカイ!!

    706gでこのくらいだと、1kgのトマトってさらに1.5倍なんだねぇ〜

    400gに届かないくらいのトマトしか収穫したことのない私にとっては別世界ですww

    梨乃さん、いいもの見せてくれてありがとう(^.^)


    さて続きです。


    土耕トマトもうどん粉+サビダニで梅雨明けには撤収の予定ですが、なんとかパープルロシアンが収穫できそう!
    3月の暴風被害で諦めていた品種だけに嬉しいですね(^.^) 黒トマトの中では美味しい部類らしいから期待!


    出来の悪い余り苗を植えましたけど、出来た実は美味しい!!
    フルティカこくうまチェリースプライトは生食要員になってくれています。
    バンブルビーは去年の秋トマトに続いて春夏チャレンジですが、もうそろそろ収穫できそう。
    とはいえ、葉っぱも殆どとっちゃってるし、今着いている実を収穫したら終了になると思います。


    プランター栽培のスプライト、スゴイ勢いで育ってましたが、特にサビダニがひどくて弱ってます。
    陽当たりもイマイチの場所で、実の数は多いけどどれも小さいですね。
    コロマイトが効いてくれてまた勢いが出てくれば良いんですけど。

    今年はトマトが39株もあって全部レポできませんけど、水耕トマト棚以外は梅雨明け終了の気配ですね。
    トマト棚だけはなんとしても頑張ってほしいけど、今年はどうなるかなぁ・・・。

    最後はお約束の収穫写真です(笑)


    土耕のコストルートジェノベーゼを初収穫。
    スペインナスのリスターダ・デ・ガンジアは固形培地耕と土耕のものをそれぞれ摘果しました。
    このナスのトゲ、とてつもなく強力ですよ! 四葉キュウリだってナスだってトゲはあるものだけど、
    比べ物にならないほどの鋭いトゲ、迂闊に触ると確実に流血沙汰になりますのでご注意を。

    どちにもまだ食べてないけど、ナスはやっぱりステーキにしてみようっと(^.^)


    今朝はミニトマトのリーセントルーブ(固形培地耕)を初収穫しました。

    どちらも糖度は6度、普通のミニトマトの味だったけど、ちょっと青臭さが残ってる感じでした。
    ジャンボ甘長はぜんぜんジャンボじゃないけど、株が大きくなってくれないのでこのくらいで収穫することにしました。
    真夏になって株が大きくなってくれたらペットボトルサイズにチャレンジしようと思います!


    本日も長いレポートにお付き合いいただきありがとうございました!






     
    栽培品種の一覧と味レポの記録は以下のファイルにまとめています。

    "2015シーズン 栽培品種一覧"  "2015シーズン トマト味レポ覚書"

    応援していただくと励みになります!
    ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
    にほんブログ村
           
            

    同じカテゴリーの最新記事です

           
           
          
    2017.05.16 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
            
      コメント
      禁断の3回散布済ですか・・(^_^;)
      今年はすごい勢いなんですね。サビー・・・。
      株数も多いから手入れも大変ですよね(>_<)
      いちおう、コロマイトの他にアファーム乳剤っていう自然由来らしい薬があるみたいですが、効果は分かりません。高いし(-_-;)
      そちらはそろそろ秋トマトの種蒔きでしょうか?
      サビー完全に駆逐しないと秋トマトも恐ろしいことになりますねぇ(>_<)

      梨乃さんのブエ!!大きいし、プリーツが綺麗ですねぇ("▽"*)
      ブエってそこまで大きくなる品種だったんですねぇ。
      我が家のはちっちゃかったなー(笑)

      ジャンボ甘長の肩が太らない原因ってなんでしょうね?
      我が家のもスリム化してます。
      もっと株を大きくしないと目標サイズは難しいのかなぁ。
      • semirey
      • 2015.06.25 Thursday 17:19
      >今年は何もかもが前倒しにやって来てる感じですねぇ・・・。

      最近は雨が多いから、露地だと雨が洗い流してくれるだろうと、思ってましたが、ダメですか・・・
      悔しいですよねえ(T-T)
      プロの方はどうやってしのいでおられるのでしょうね。

      私はガンジアは、ステーキしかしたことないのですが、煮込むと美味しい品種らしいです。
      次の収穫でお試しください(^^)
      semireyさま^ ^

      "耐性がつく"というのが2回限定の理由だし、トマトそのものが農薬まみれになる
      わけでもないのでダメ元って感じですかね(笑)
      散布しないとそれ以上に拡大するのは間違いないし・・・。
      輪番で他の薬を・・とも思ったけど、そっちに力を注ぐよりは次の栽培の
      こと考えたほうが楽しそうだなーとww
      夏に育苗すると多分サビダニを避けることは無理でしょうねぇ。
      去年の秋トマトも凄かったですから^_^;
      でも、水耕トマト棚だけはなんとかしたいから、もしかしたら別の薬使うかも。

      梨乃さんちの凄いでしょ!?
      ウチはブエの育苗すら失敗してるってのにorz
      他のオックスハートも立派な実を着けてましたよ!

      ジャンボ甘長、やっぱりスポンジに挟んだだけのパッシブは
      当たりハズレがありますよね。
      同じ方式でも偶然うまく行くと問題ないのもあるけど、
      去年やったバーミ培地を使う方法のほうがダンゼン安定して
      発育が揃ってました。初期の根の張り具合で全部決まる気がします。
      一応、梅雨明けからの巻き返しにちょっとだけ期待してるけど、
      この勝負、semireyさんの勝ちっぽいですわー(笑) 
      • bigtomato
      • 2015.06.26 Friday 14:44
      いずみさま^ ^

      国産トマトは日本の環境の中でそれなりに品種改良もして来てるけど、
      エアルームはその地域の伝統品種ですもんねぇ・・・。
      いきなり極端に気候の違う場所に来て、何事もなく育てというほうが無理かも。
      エアルームで難しく感じる品種って、単に原産地域との環境差だけの気もします。
      だって、原産地では長いこと普通に育って収穫できてる品種なわけですし(笑)
      サビダニにしても、どうも着きやすい品種とそうでもない品種があるような。

      結局のところ、難しいのを何とかしようとするよりは、自分の環境にあった
      美味しい品種を見つけるってスタンスが正解なのかもしれませんね!

      ガンジア、まだ食べてないですがとりあえずはステーキですかね(笑)
      煮込むと美味いんですか!
      自家製トマトソースで煮込むのもアリなら少ないレパートリーが増えて嬉しいww
      次の収穫が未定ですが(笑)、試してみようと思います(^.^)
      • bigtomato
      • 2015.06.26 Friday 14:45
      わぁ、うちのブエが載ってるーーーーーーーーーー!(小躍り中)
      2個目の収穫は小さめで120gでした。
      今、まるまると実ってるものは大きくても300g級だと思われます。
      もう、700gはただの奇跡でしたwww

      あと、悲しいことにパープルロシアンを初収穫&味見してみましたが、結構薄かったです(TT)
      ダークカラーのトマトって濃厚なイメージあったのになぁ…。
      別で育てたパープルカラバッシュってのは結構濃厚で美味しかったのに。

      もう、早期撤収&秋冬トマトに切り替え計画は始動していますか?
      我が家も、本日秋冬トマトを蒔いてきました。
      てのが、春夏トマトの中に品種間違いが2つあったので、それのリベンジがしたくて。
      片方は私の蒔き間違いの可能性もあるんですが、
      もう片方はそもそも持ってなかった品種が育っているのでお店に問い合わせちゃいましたよ。
      考えられない事らしく、未だ明確な回答は得られていませんが。
      最終的に何色になるんだろうと楽しみな品種ではあります。
      そんな感じで、秋冬トマトスタートしました。
      サビダニは、苗が小さい段階で定期的にアーリーセーフにドプンと漬けちゃえば何とかならないかしら。
      そんな、無茶なことを考えてます。

      ではでは、また遊びに来ます!
      • 梨乃
      • 2015.06.26 Friday 20:33
      梨乃さま^ ^

      あまりに立派なトマトだったので使わせていただきました^ ^
      300gでもかなり大きなサイズじゃないですか! スゴイな〜

      パープルロシアン、ウチももうすぐ収穫出来そうだけど期待薄かなあ・・。
      でもまあ黒トマトってのが初めてだし楽しみです。

      >もう、早期撤収&秋冬トマトに切り替え計画は始動していますか?

      早期撤収はトマト棚以外は間違いなさそうですが、秋トマト計画は未定なんです。
      とりあえず種まきしたのは、食べ蒔きのカゴメのこくみラウンド一種だけ・・・。
      他はロッサとフレィンツェ、それにロマネスコを種まきしました。
      来月にはプチヴェールの苗が届くから、自動給水の装置は満員になりそうです。
      秋トマト、美味しいのを3、4株はやりたいからそろそろ脇芽から育苗に入らないと
      いけませんね。今年は美味しいのが結構あるから品種に悩みますが(笑)
      時期的には少し早いけど、梅雨明けちゃったらまともな脇芽もなさそうなので^_^;

      種の混入、業者は考えられないと言うでしょうけど、あり得ない事が起こるのが世の中ですしww
      まあ、頭を切り替えて楽しんだほうが得策かもしれませんよ!
      でも、確かに決め撃ちしてる品種が違うとなんだかなあ・・・ですよね。

      サビダニもねぇ・・
      小さいうちはなんとかなるけど、葉が繁ってくると完全駆逐は難しいかも。
      なにしろ葉裏にいますからね。散布したつもりでも見逃してるとこが必ずあります。
      数十匹でも見逃したら、その増え方が尋常じゃないですからね(-_-#)
      1匹が産む卵の数は50個近くで、それが一週間で成虫になるんですから・・・。

      30年前に国内に侵入してきたサビダニも年々耐性をアップしてるみたいですよ。
      発見直後に出版された菜園本を持っていますが、"サビダニは害虫の一種ではあるが
      株を枯らすほどの脅威はないのでさほど気にする必要はない"なんて書いてますから(笑)
      どっちにしても早期発見、早期駆除または早期撤退^_^; 
      最近のトマト栽培には避けて通れない鬼門かもしれません。
      • bigtomato
      • 2015.06.28 Sunday 00:15
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Author:
       
      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村



      ◆過去記事タイトル一覧◆
                  
      Search this site.
      Categories
                  
      Archives
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
                  
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆
      Recent Comment
      Links
                  
      Selected Entries
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆





      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


      過去記事タイトル一覧




      過去記事タイトル一覧


























































      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      PR
                  
      PR
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM