<< 梅雨入り前の剪定作業とカダンセーフ | main | 土耕トマト、今シーズンの初レポ6/5 >>
2015.06.04 Thursday

トマトいろいろ、味くらべ

0
    JUGEMテーマ:家庭菜園

    我が家のトマト祭りはまだまだ先のことですが、1番果が少しずつ収穫できたので味見をば。
    1番果からいきなり激うま!ってことは少ないので、まずは小手調べって感じで軽く読み流してください!

    トップバッターは期待値の高かったずぼらっこ(品種名マンマミーア)なんですが・・・・


    果長は3.5僂曚鼻⊇鼎気和ってませんがまあ平均的サイズなのかな? 

    糖度は7度だからマズイってことはないんですが・・・。
    なんというか、ぼんやりした味でしたねぇ。この実はえらく皮も厚くて食感も粉っぽい感じ。
    写真だけ見るとトロッとした感じにも思えるけど、実際はジューシーさってのはゼロに近かったです。

    味の評価をするならば、5点満点で1.5かな。「もう1個いる?」と聞かれたら、「いや、いい」と答えるレベルでした^_^;


    フルティカは安定の美味さ、タンブリングトムは前回と同じくあっさり味。悪く言えば平凡かなあ。

    トマト大王は、定植からまったく大きくなってくれず、撤収する予定で放置している株で、実も超ミニサイズ。
    最初、濃いイエローになったものだから品種を取り違えたかと思ったけど、その後真っ赤になりました。
    糖度は7.5度となかなかで、酸味が強いけど旨味も濃い感じ。若干皮が厚かったけどなかなか美味でした。

    ネネは割れやすいと聞いていましたが今のところ裂果はないです。
    糖度は8.5度、今のところ我が家で最高の数値です。ジューシーで食感もいいけど、なんというか少し大味。
    濃厚な感じはまったくなかったですが、今後味が乗ってくれば期待できそう!



    梅雨入り、いきなり豪雨からのピーカン(笑) 今朝収穫してきました。



    水耕フルティカは今年の初果です。糖度は7度、やっぱり安定して美味です。ただこの実は少し薄かった。

    トマト大王(ハイポニカ・ぷくぷく)は中玉サイズと言っていいくらいのサイズでした。初期の実はデカイです。
    糖度は5度、旨味はあるけど薄い薄い・・・。2.5点ってとこ。今後に期待です。

    レッドオーレ(麻袋土耕)は、当初は循環トマト棚のメンバーでしたが、水流を強く当てすぎたと思われる
    根腐れで撤退、その後土耕に戻して養生している株です。
    糖度は7度、フルティカ系統の味で、酸味はこちらのほうが強かったですね。4点レベルの美味しいトマト!

    すぼらっこ(マンマミーア)は固形培地耕と水耕の2種を収穫。
    どちらも糖度は6.5度、うーん初果よりはマシだったけど、やっぱりね、食感がまず良くない。
    皮の厚さは今日はさほど気にならなかったけど、ジューシーさがなくてパサパサ感のほうが強いんです・・・。
    味もハッキリしないぼんやり味で。
    スゴイ数が着果してるから、梅雨明け頃には美味いトマトに変身してくれてるといいんですけどねぇ。
    とりあえず、他の方の味レポを待ちたいと思います。


    ※まだ収穫初期で、1番果の評価が殆どですからこれがこれらの品種の絶対評価というわけではありません!!
    点数にしても、決してグルメな舌を持つわけでもない私の個人的評価なので参考程度にお願いしますね(笑)


    ※ブログに書いた味レポは、自分のためにも今シーズンの覚書として下記のファイルにまとめてゆきます。
    "2015シーズン トマト味レポ覚書"  (PDFファイルです 随時更新します)




     
    応援していただくと励みになります!
    ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
    にほんブログ村
           
            

    同じカテゴリーの最新記事です

           
           
          
    2017.05.16 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
            
      コメント
      おぉ〜、じゃんじゃん味比べが始まっていますね。
      我が家は階段での栽培が今年は失敗かもしれない…と怪しい雲行き。
      去年はいつでもレタス方式だったんですが、今年はバケツ水耕だったんです。
      雨浴びるので、液肥の濃度の調節が難しいのかもしれません…。
      EC計すらないし、いい加減買わなきゃいけないかなぁと悩み中です。

      あ!因みに傘の雨よけはつけちゃいましたw
      風さえ吹かなければそこそこ機能する事でしょう…。

      ネネ、やっぱり糖度NO.1なんですねー。
      でも、それに食いついてくるフルティカは本当に美味しい品種なんだろうなぁ。
      黄色系は去年幾つか育てましたが、赤に比べアッサリしてて甘いイメージですよ。

      赤→酸味と甘みのハイブリッド。サラダでも加熱でも、オールマイティ。
      黄→アッサリ系で甘さが引き立つ。生食向き。
      黒→コクがあり、酸味はあまりない。生のまま塩だけかけて食べるのが旨い。
      白→すっきりマイルドな味。

      これが私の主観バリバリの感想です。
      なかなか安定して美味しいトマトって作れないですよね。
      うちは数さえあれば満足する2歳児がいるので、よっぽど不味くない限り気にしませんが。
      でも、結局市販のトマトと比べたら断然美味しいんですよねー。
      美味しいと感じなくなるのはきっと、年々トマトに求める理想が高くなってるからですよ!

      あ、うちの最初の収穫はブラック・エチオピアンでした。
      トマトトーンした実なので味は薄めでしたが、めっちゃフルーティでした。
      そろそろ収穫が少しずつ始まりそうです♪
      • 梨乃
      • 2015.06.04 Thursday 12:15
      うわ〜、ずぼらっこちゃんは、おつまみにもならないお味でしたか。
      調理用にもだめなら・・・コンポートでごまかそうかな(^-^;
      うちもそうなら、秋は脇芽を10本までに限定でやってみます。

      レッドオーレが持ち直してくれてよかったです。
      定番品種は、お味が安定しているのかもしれないですね。

      ネネは、いまいちな時でもそれなりに美味しいし、美味しいときはかなり美味しい、いいトマトだと思います。

      うちも収穫カウントダウンが増えてきました。
      秋トマトとして何を残すか、どれを種まきするか、楽しく悩ましいですね。
      うわぁ〜〜〜
      ずぼらっこちゃん低評価〜(笑)
      ウチのはどんなんだろ?
      まだ収穫してませんが・・・明日、明後日あたりにでも。
      そーゆー品種だけど、脇芽伸ばし放題も問題なのかもしれませんねぇ。
      味が分散してしまったというか・・・
      我が家のは実もどんどん小さ目になってきてます。
      今、なっている実が終わったら剪定して日陰で越夏させます。
      • semirey
      • 2015.06.04 Thursday 18:26
      梨乃さま^ ^

      >おぉ〜、じゃんじゃん味比べが始まっていますね。

      まだまだ1番果ばっかりだから本番前の味見程度ですけどね!

      >EC計すらないし、いい加減買わなきゃいけないかなぁと悩み中です。

      雨が入るとビックリするくらい薄まりますよー
      EC計はアマゾンあたりで3000円程度のモノで十分かもしれませんよ?
      今見たら、2980円で送料無料ってのが出てました。
      私も同じような安物使ってますが、精度が少しくらい劣ってもあるとないとでは天地の差です。

      フルティカはどの実を食べてもシーズン通して安定してるとこがスゴイですね!
      もちろん美味いのと普通のと混ざるんですけど、平均レベルが高いというか・・・。
      安心して口にできるってとこが気に入ってます^ ^

      赤・黄・黒・白、確かにそんな感じかもしれませんね!

      >美味しいと感じなくなるのはきっと、年々トマトに求める理想が高くなってるからですよ!

      それもあるかもですねぇ。でもね、特にミニトマトなんかは昔よりダンゼン美味しくなってると思います。子供の頃の記憶では、とにかくミニトマトはどれも酸っぱかったですよ。ま、40年以上も昔のことですけど(笑) ミニ、中玉の品種改良はすごい進歩してると思います。

      そちらでもそろそろ始まりそうですね^ ^ たまには写真送ってください(笑)



      • bigtomato
      • 2015.06.04 Thursday 20:29
      いずみさま^ ^

      期待のずぼらっこ、今のところ残念な感じです・・・。
      味の薄いのは着果させすぎのせいもあるかもですが、なにしろ食感が・・・。
      ちょっと私の好みからは大きくズレてる^_^;
      数の制限をして美味しくなってくれるなら嬉しいんですけどねぇ。

      レッドオーレは持ち直したと言っても完全復活には程遠いんですよね・・・。
      株も大きくなりきれないし、値張りが悪いのが見えなくてもわかりますもん。
      でも、出来た実はすごく美味しかったから秋トマトの候補ですね!!
      脇芽も殆ど出てないからどうなるかは未知数ですが^_^;

      >ネネは、いまいちな時でもそれなりに美味しいし、美味しいときはかなり美味しい、いいトマトだと思います。

      そういう意味ではフルティカに似てるかも。
      一定以上のレベルで安定してるってのは生食用途としては嬉しいですからね!
      割れまくるって話だから、梅雨の間は特にこまめにチェックしなきゃと思ってます。

      秋トマト、今のところはデルモンテのこくみトマトの食べ蒔きくらいしか決めてないなあ(笑)
      2シーズン、盆頃に撤収していたトマト棚を今年は晩秋まで粘ってみようかなと思ってるから、
      なんとかサビダニ、高温障害を乗り越えてフルティカに秋トマトとして復活して欲しいです。
      20種以上今年は栽培してるから、どれかお気に入りは見つかるはず・・・です・・・よね?ww
      • bigtomato
      • 2015.06.04 Thursday 20:43
      semireyさま^ ^

      ずぼらっこちゃんねぇ・・・これで美味しきゃ最強のトマトだったんですが・・・。
      まだ採れ始めだからゼンゼンわかりませんけどね。
      とりあえず、クラブメンバーの評価を待ちたいと思いますww
      特にsemireyさんちは土耕だから可能性あるかも? 

      >そーゆー品種だけど、脇芽伸ばし放題も問題なのかもしれませんねぇ。

      矮性というか、芯止まりだから脇芽を摘んじゃいけないのは当たり前だけど、
      着果数見てると確かに無理があるような気がしますよねぇ^_^; 
      株の大きさからすると、いくらなんでも多すぎだと思います! 
      ウチのずぼらっこ、トマト大王様よりもはるかに多くの実をつけてますもんww
      • bigtomato
      • 2015.06.04 Thursday 20:52
      ずぼらっこさんの私のイメージは、サクサクした食感なのかな・・?
      って思ってましたが、
      味がぼけるって事はゼリー部分が多いのかしら・・・??

      でも、どれも合格ラインに入っているじゃないですか!!
      これだけの、装置を用意してどれも大量生産だから、捨てトマトがなくていいですね〜。我が家は、どんなすっぱいトマトでも消費できる量だから・・・(笑)
      • みず花蓮
      • 2015.06.05 Friday 11:51
      みず花蓮さま^ ^

      >ずぼらっこさんの私のイメージは、サクサクした食感なのかな・・?

      あ、食感としては近いかもしれないです・・・。
      だけど、マスカットのようにパリッとしたあとにジューシーならいいけど、そうじゃない^_^;
      説明が難しいから、とりあえず食べてみてください(笑)

      >でも、どれも合格ラインに入っているじゃないですか!!

      いや・・・・ずぼらっこ・・・・入ってません(笑) 

      今年はねぇ、大量生産は多分、水耕トマトのフルティカだけになりそうですよ!
      固形培地耕のほうは大玉・中玉は平均以下の収穫量かも?
      あ、矮性グループは案外たくさん採れそうな感じですけどね!
      でも、矮性トマトってどのくらいが平均的な収穫量なんでしょ???
      土耕のミニトマトだと200個前後が平均的な数かなぁと思ってるんですが・・・。

      酸っぱいトマトもソースにしちゃえばゼンゼン美味しいから、どんなに採れても
      ウチではトマトは捨てませんよ〜 もったいない!!(笑)
      • bigtomato
      • 2015.06.05 Friday 13:34
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Author:
       
      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村



      ◆過去記事タイトル一覧◆
                  
      Search this site.
      Categories
                  
      Archives
      Calendar
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>
                  
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆
      Recent Comment
      Links
                  
      Selected Entries
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆





      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


      過去記事タイトル一覧




      過去記事タイトル一覧


























































      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      PR
                  
      PR
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM