<< 【循環トマト】レッドオーレ、退場!! | main | ドワーフ(矮性)トマトレポ4/29 >>
2015.04.28 Tuesday

ぜっぴん!トマト、高すぎじゃないの?

0
    JUGEMテーマ:家庭菜園
     
    怒っているのですよ、私は(笑)


    昔っからデルモンテの苗は高いです。ダントツ。

    ここ数年はサントリーみたいな大手が参入してきて300円(税込)を超えるトマト苗も珍しくもなんとも
    ないけど、これはね、買うほうが慣らされただけ。 
    トマト苗なんて100円以下が普通だったし、298円なんて苗が出てきた時はビックリしたもんですけどねぇ。

    で、今日買ってきたデルモンテのぜっぴん!トマト、798円(税込)って・・・(-_-#)

    これはね、評判のイイ大玉トマト、ぜいたくトマトの継承品種のようですが、高い理由は接木ってのもあります。
    でもねぇ、これってデルモンテが接木苗として出荷してるわけではないみたいです。
    あくまで店員さんに聞いた話ですが、自社農場で接木して並べてるっていうんですよね。
    となると、「接木」の部分はデルモンテの看板は関係なく、実際に接木した園芸店によりけりってことですか。

    今のところホームセンター系ではこの苗は見たことありません。ぜいたくトマトは300円前後でどこでも
    見かけるけど、ぜっぴん!トマトは久留米に本社のある園芸店にしかありません。
    ちなみにこの店ではぜいたくトマトもなぜか598円という馬鹿高い値段で売ってます・・・。

    まあこの店はホムセンよりは確実に格上(園芸店として)だし、歴史もあるから三越で苗を買うようなものと
    思うしかないですねww
    高いだけあって、通常のポットよりもデッカイのに入ってるのは有難いですけど(笑)


    とまあ悪口を言っておきながら買ってきたわけですが、デルモンテのトマト苗を買うのは10年ぶりくらい。
    調理用のイタリアントマトしか栽培したことなくて、生食トマトは初めてとなります。

    循環トマトのレッドオーレが不調で、代打として選んだんです。
    ぜいたくトマトでも良かったけど、同じ系統で接木というのに安心感があってこっちにしました。

    循環で大玉はなかなか難しいと思ってるから気合が入ります。
    メーカーサイトにも「尻腐れが発生することがあります」ってわざわざ書いてるから余計に・・・。

    窒素の多い大塚ハウスだとまず大玉は暴れるし、今年は尻腐れ対策として

    ・花芽の反対側の葉を落とす(カルシウムを実に回すため)
    ・ダーウィンの葉面散布


    これをやるつもり。絶品味の大玉トマトがたくさん出来ることを祈りましょう!!


    その他、昨日は予約していたしろくまゴーヤの苗を引き取ってきました。
    意外と人気?なのか、同じサントリーのデリシャスゴーヤは余ってたけど、しろくまは入荷してすぐに
    あっという間に売り切れたそうです。去年も入手に苦労したので予約してて良かった^ ^

    キュウリ2つとピーマンのデカチャンプも予定通り買ってきました。
    プチぷよとかピッコラシリーズ、アップルゴーヤなんかの誘惑に耐えるのは大変でした(笑)

     
    大苗のぜっぴん!トマトは根量も多いのですぐに循環装置にセットしました。

    レッドオーレがダメになった理由、どうも「強い水流」が怪しいので、吐出口は装置の中央に変更。
    この位置は過去2シーズンと同じだから大丈夫なはずです。今度こそ頼むよ〜


    フルティカが急成長してきてるので小さく見えるけど、これでも苗としてはかなり大きいんです。
    循環装置のECは1.0-1.1、これ以上は薄くできません。ぜっぴん!が葉っぱお化けにならなきゃいいですが。



    循環装置から退場願ったレッドオーレですが、諦めてはいません。麻袋に移して回復を待ちます。
    食べたことない品種なのでなんとか頑張って欲しいですね!!



    スナップは5回目の収穫、今回は100個を越えました。

    跡地にナス、キュウリが控えてるからあと10日ほどで撤収の予定です。
    もう2回くらい収穫させてくれると嬉しい^ ^


    栽培期間8ヶ月、プチヴェールは観賞用菜の花になってしまいました^_^; 綺麗ですよ(笑) 





     
    応援していただくと励みになります!
    ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
    にほんブログ村
           
            

    同じカテゴリーの最新記事です

           
           
          
    2017.07.12 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
            
      コメント
      >これはね、買うほうが慣らされただけ。
      そうですね・・・苗に限らず(`・ε・´)ムー

      接木の手間100円、大苗にする手間賃100円、三越wブランド代金200円が乗ってると思えば、仕方ないのかも。
      きちんとした苗屋さんだと安心なんですが、大手ホムセンだと必死で虫、病気チェックしないと怖いですものね。
      4月早々に苗を買った私ですが、プラス200円で一か月待ったらGWまで接ぎ木にして、虫なしのがっちり苗にするよ、と言われたら、お願いしちゃいそうです。
      でもブランド代は、嫌かな・・・(^-^;
      普通に一本仕立てなら、お高い苗だけれど、bigtomatoさんのように、3,4ケタの収穫がある方なら、あっという間に取り返せます!。
      取れすぎて困ったら、いつでもご連絡を(^○^)
      こちらでは、しろくまは全然見ないです。
      以前デルモンテのスーパーゴーヤ白を探すのも苦労しましたが、普通は緑を買うし、白ゴーヤ苗もお安く売ってるから、高いブランド苗に需要がないんでしょうね。

      デカチャンプの種なら、まだあったのに、お声かけしたらよかったです(><)
      でも、がっちり苗が入手できるのなら、そのほうがいいですよね。
      私も種まきは、苗で買えないものか固定種をメインにしています。
      いずみさま^ ^

      >プラス200円で一か月待ったらGWまで接ぎ木にして、虫なしのがっちり苗にするよ、
      >と言われたら、お願いしちゃいそうです。

      むむ。た、確かに(笑) 
      接木って要するに2本分ですしね・・・。
      ブランド代はイヤだけど、確かに自前の苗とは出来の良さが違うし、価値はあると思います^ ^
      でも、種から育てるってのも違う意味で価値があるからバランス良く!ですね。

      >bigtomatoさんのように、3,4ケタの収穫がある方なら、

      いやいや、大玉は自信ないです^_^;
      桃太郎は循環でも88個しか採れなかったですし〜
      今から戦々恐々ですが、ぜっぴん!は気合入れてメンテします!!
      取れすぎて連絡する日が来れば良いんですけどねぇww

      関東に比べるとこっちはゴーヤ好きな人も多いのかもしれませんね。
      真っ白なゴーヤはたいていの方に喜ばれる印象でしたし。

      デカチャンプはですね、そんなにがっちり苗でもないんですよ・・・。
      さらに、全部虫食いの苗で、かなり探したけど結局持って帰ったのも穴あきです。
      でも肉厚で普通のピーマンよりぜんぜん美味いから今年はピーマンはこれ一本です。
      普通のピーマン50円、デカチャンプ150円、3倍もするけど何故か安く感じますねぇ(笑)


      • bigtomato
      • 2015.04.28 Tuesday 12:47
      循環で大玉はなかなか難しい・・・のですか??
      そんなことも知らずに、我が家に1つしかない循環を大玉にしてしまった・・・。
      で・・・でも、循環っていっでもウチのは、太陽が出てる5時間ぐらいだし、
      ちょろちょろ程度の水量だから、問題ないかな〜って楽観視してみたり。
      花芽の反対側の葉を落とすってのは、半分でいいんですよね??
      これは、やってみよっと!!
      ここんとこ忙しくてホームセンターにも行ってないから、新しい苗も買ってないけど、高いですよね・・・。GWが怖い・・・!!手ぶらでは帰れ無そう(笑)
      • みず花蓮
      • 2015.04.28 Tuesday 13:52
      みず花蓮さま^ ^

      >循環で大玉はなかなか難しい・・・のですか??

      あくまで私個人の感想ですよ!! 大玉は土耕でもミニや中玉よりは難しいですよ!
      難しいといってもどんどん生長はしてくれます。
      ただ、循環の場合って根周りの環境が良すぎて、
      少々液肥が薄くても、あるだけ根がまんべんなく吸い尽くすというイメージ。
      「野菜は必要としている栄養素を選択して吸収する」という意見もありますが、
      例えば窒素に関してだと、必要以上に吸収するのは間違いないです。
      窒素過多になるとカルシウムの吸収が阻害されて、結果的に尻腐れ多発という
      事態になりやすいんですよねぇ・・・。
      そして、同じ環境でも尻腐れはミニや中玉だと殆ど出ないのに大玉は出やすいし、
      葉っぱが巨大化して葉っぱお化けになるのも大玉ですね・・・。
      ミニと中玉は暴れることはあっても葉っぱお化けにはなりません。
      そういう意味で、肥料コントロールが難しいな〜という意味ですよ!
      それに、単純に私のレベルが低いからってのも確かです(笑)
      上手な人はトマトの状態を見てコントロールできるんだと思いますよ。
      なのでビビらないで大玉栽培を楽しみましょう!! 

      >花芽の反対側の葉を落とすってのは、半分でいいんですよね??

      実は私もこの方法は去年知ったんですが^_^;、小葉2、3枚を残して摘葉するといいみたい。
      その葉がカルシウムを溜め込むらしいんで、とっちゃうと実に回るって理屈ですね。
      いろんな記事を読む限りは効果テキメンらしいから期待してます^ ^

      ホムセンはこの時期ヤバイよねぇ(笑) ついつい連れて帰りたくなるんだよね・・
      私も気をつけようww
      • bigtomato
      • 2015.04.29 Wednesday 01:16
      ぜっぴんを発見しました。
      大苗というほどではありませんが、こっそりアップしました。
      http://blog-imgs-76.fc2.com/i/z/u/izumi0831/2015050911550000.jpg
      これが適正かとも思うけれど、ここは、ずぼらっこは348円なんです。
      接ぎ木にすると、ぜっぴんより、ずぼらっこのほうがお高くなっちゃう(^^;)。
      値つけってわからないですね・・・
      いずみさま^ ^

      ぜいたくトマトの接木ってのはこっちでは見たことないかもです。
      その値段ならまずまず適正かもしれませんね、税込み値段だし。
      ぜっぴん!も同じ値段ですか・・・私が買ったのは大苗とはいえほぼ倍の
      値段だから、やっぱりボッタクリ価格だったような気がしますねぇ(-_-#)

      >値つけってわからないですね・・・

      店によって違うのは当然と言えば当然だけど、ある程度競合店の価格を
      睨みながら、売れると踏んだ品種は気持ち高めにしてるんでしょうね(笑)
      まあ仕切り価格も店によって違うのかもしれませんし!

      ぜっぴん!が美味かったら来年用に脇芽リレーで繋ぐしかww

      • bigtomato
      • 2015.05.10 Sunday 09:24
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Author:
       
      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村



      ◆過去記事タイトル一覧◆
                  
      Search this site.
      Categories
                  
      Archives
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
                  
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆
      Recent Comment
      Links
                  
      Selected Entries
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆





      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


      過去記事タイトル一覧




      過去記事タイトル一覧


























































      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      PR
                  
      PR
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM