<< トマトがまた折られた(-_-#) | main | 大塚液肥、混合でどこまで濃くできる? >>
2018.07.05 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

          
    2015.04.23 Thursday

    ペッパー定植とイチゴ近況 4/23

    0
      JUGEMテーマ:家庭菜園
       
      GW前半に定植しようと思っていたペッパー、それまでの1週間ずっと好天の予報だし定植しました!


      昨シーズンにやった方法ではなく、今年はシンプルに苗をスポンジで挟んだだけのパッシブ水耕で。

      去年は4/29定植だから1週間早いけど、苗は大違い。去年はまだ双葉で定植しましたから(笑)
      今年は種まきも年明け早々だったので、ジャンボ甘長なんかはもう一番花を咲かせています。

      ほぼ室内育苗だったおかげでどれも見事に徒長してますが、まあなんとかなるでしょう^_^;

      まだ室内に残っている本鷹黄とうがらしが2本ずつ、こちらは麻袋で土耕栽培する予定。

      ペッパーの種はすべていずみさんから頂いたものです。
      (黄とうがらしは昨年自家採種、あじめこしょうは元々hiroさんが採種されたもの)

      黄とうがらしは去年栽培して、その激辛ぶりが気に入り、以来私の定番唐辛子になっています。
      交雑の影響で今年、辛くない黄とうがらしが出来るかってのも確認しないといけません。

      ホントは隔離栽培しようと思ってましたけど、場所の関係と面倒なのと両方の理由で断念ww
      気休めに甘長黄とうがらしの間に本鷹を置いてるけど、意味ないかな・・・。

      今シーズンは循環・固形培地耕ともに自動給水でやる中で、この栽培は手動給水になるわけですが、
      ペッパー類はそんなに水を食わないから盛夏でも4、5日に1回くらいの補給で済むと思います。



      そろそろイチゴが実を付け始める頃なので、陽あたり一等地に移動してやりました。






      例年より少し遅れてる感じですかね・・・。
      今から続々と肥大を始めると思いますが、今年は適当に摘果してどの品種が好みか見極めたいと思います。

      土耕の野良イチゴも数は少ないですが収穫できると思うから、計8品種での食べ比べになりそうです!




      スナップ3回目の収穫は60個ちょっと。


      鳥よけと防風を兼ねたネットの目合いがちょっと小さすぎて、
      ツル同士が絡み合ってしまったのも不調の一因かもしれま
      せんね・・・。


      収穫した実は美味の一言^ ^ このくらいの数だとさっと塩茹
      で、2人分のビールのつまみであっという間になくなっちゃいます。


      もうしばらくは収穫できそうなのでGW明けくらいまで頑張ってもらって、跡地はナスを定植します。
      ついでに後ろのネットでキュウリもしようかな。



      定植予定のナス3種、ロッサビアンコヴィオレッタ・ディ・フィレンツェリスターダ・デ・ガンジア。 ※左容器の後ろはバジル

      ずっと室内育苗で弱々しかったんですが、外のビニール温室で過ごし始めたらだいぶしっかりしてきました!


      そのビニール温室の下段にはもうどうしようもないトマト苗が・・・。摘芯して予備役を続けてもらいますかね。

      黄色の容器はようやくポット上げして室内から移動してきたナスの予備苗。
      予備といってもね、今年のようなお洒落なナス(笑)は初めての栽培だから、なんらかの方法で育てますよ!!


      いつも長文にお付き合いいただきありがとうございます^ ^



       
      応援していただくと励みになります!
      ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村
             
              

      同じカテゴリーの最新記事です

             
             
            
      2018.07.05 Thursday

      スポンサーサイト

      0
              
        コメント
        ちょっと待った―!!ww
        ジャンボ甘長定植したんですね!
        じゃあ、わたしも慌ててやります(笑)
        培地無しのスポンジで挟んだだけですか?

        ってか・・・
        我が家のジャンボさん、痛みが激しかったようで下葉がほぼ落ちてます(T_T)
        • semirey
        • 2015.04.23 Thursday 17:04
        聞き忘れてました。
        給水布も無しですか?
        • semirey
        • 2015.04.23 Thursday 17:05
        semireyさま^ ^

        >ちょっと待った―!!ww
        >ジャンボ甘長定植したんですね!
        >じゃあ、わたしも慌ててやります(笑)

        えーーーーーーーーー????
        semireyさんちに送った甘長、生きてるの??? てっきりダメになったかと^_^;
        いやいや、大変失礼をばいたしました!!
        同じ日に定植して競争しようってお誘いしときながら・・・確認せず申し訳ない^_^;
        んじゃ急いで定植しちゃってください(笑)

        >給水布も無しですか?

        あ、コレはあります^ ^ マイクロファイバー3センチ幅×20センチ程度のを2本で
        根をサンドイッチしてます。培地なしでスポンジで挟んだだけ!

        下葉が殆ど落ちても死んでないなら頑張ってくれるかも!
        暑い中お手数かけますが、よろしくお願いしまーす!
         
        • bigtomato
        • 2015.04.23 Thursday 17:18
        生きてます!生きてます!
        プチぷよの陰に隠れて、チラッと写ってますよww
        http://semirey.blog.fc2.com/blog-entry-586.html

        しかも3つ開花しました。
        • semirey
        • 2015.04.23 Thursday 17:48
        semireyさま^ ^

        確認しました^ ^ 下葉はないけど、上のほうは元気っぽいじゃないですか!!
        花も咲いてるしゼンゼン行けると思いますヽ(^◇^*)/
        でも、もし水耕でやるならもう少しそのままでも同じかもしれませんね(笑)
        陽当たりの良い場所に置いてたらウチのすぐに追い越されるかも・・・。
        • bigtomato
        • 2015.04.23 Thursday 17:54
        ジャンボ甘長は、もう花が咲いたんですねd('∀'o)。
        これで5月中収穫は確実!
        トマトと違って、あまり待たせないのが青とうのいいところですよね(^^)
        たぶんうちのほうが、分枝が進んでいますが、蕾のまま落ちちゃって、花を咲かせる気はなさそうです。
        苗で入手できないからフライングしてるので、せめて市販苗と同じ時期には花を咲かせてほしいです(*・人・*)。

        スナップさんね、私は水耕しかしらないから、土耕と比べられないんですけど、以前おやりになってた元肥あり、水だけ給水方式だと、期待できるでしょうか?。
        来年やってみようかなと思ってます。







        いずみさま^ ^

        >ジャンボ甘長は、もう花が咲いたんですねd('∀'o)。
        >これで5月中収穫は確実!

        500mlペットボトルサイズのが採れるかなあ〜(笑)
        室内育苗のヒョロい枝ぶりを見ていると、とてもそんなデッカイ実はつけそうもないですが^_^;

        >スナップさんね、私は水耕しかしらないから、土耕と比べられないんですけど、以前おやりになっ>てた元肥あり、水だけ給水方式だと、期待できるでしょうか?。

        今年のスナップの不調(感覚的には半分以下の収量)は "ツルぼけ" が主と考えていますが、

        ・根粒が出来ていて、そもそも窒素分はあまり必要なかった
        ・ただでさえ窒素の多い大塚ハウス、しかも弱酸性に傾く

        のダブルパンチだったのかなぁと思ったり・・・。
        豆類は弱酸性土に敏感だと思います。

        根粒が出来ているかは撤収時に根っこを見ないとわかりませんけど、
        そもそも大塚での栽培ってのはあまり適してないのかもしれません。

        去年やった "元肥あり水だけ給水" 方式でまったく問題ないと思いますね!
        スナップも絹さやも去年まではずっと土耕でやってたし例外なく豊作でした。
        ウチの場合は元肥はこれまたずっとマグアンプK(中粒)。この肥料は私が
        子供の頃からあって、私の中では信頼度は抜群です。
        問題は微量要素ですが、去年使った "微量要素8" でいけるような気がします。
        または、大塚5号を定期的に潅水するとかでもOKかも?

        豆類は窒素を抑えて、リンカリ重視でゆくのが豊作の秘訣だと思いますね^ ^
        袋栽培やプランターでも大豊作になりますよ!
        • bigtomato
        • 2015.04.24 Friday 11:18
        イチゴ順調ですね!
        蜜香はどうですか??
        ウチのは新芽の色が薄かったのが、気になっていたのですが、
        気が付いたら灰カビ(?)みたいでした(T-T)。
        侵されていた葉っぱを全部散り除いたのですが、
        ほとんど、禿げ上がってしまったので、次の新芽が駄目だったら
        撤収かも・・・!
        bigtomatoさんの蜜香は、元気ですかーーー??
        • みず花蓮
        • 2015.04.24 Friday 12:55
        みず花蓮さま^ ^

        6種といっても1株ずつなので収穫量は知れてますけどね!

        蜜香はね、ウチも新芽の色が薄かったけど、今も全体的に薄いです(笑)
        純ベリー2も同じく薄いけど、カレンベリーは濃いし、まったく同じ環境なので
        品種の個性なのかも?
        どう見ても健康にしか見えないからゼンゼン心配はしてませんよ!

        みず花蓮さんちは調子よくないですか・・・。
        そろそろ実が着き始める季節、新芽に期待!ですね。
        • bigtomato
        • 2015.04.24 Friday 16:05
        花柄の短いイチゴってありますか?
        うちのはカレンベリー以外、花柄短いし着果もしないんです。
        私の中では「短い花柄=着果しない」となってるんですけど、どうなんでしょう?
        原因もわからないし・・・。葉数は多いけど、葉自体小さいんですよねぇ。
        何かご存じであれば教えてください(*^人^*)
        下に降りて今見てきました(笑)
        8種あるんですが、クラウンから5センチのところで着果しているのもあれば
        25センチくらいに伸びてから実を着けているものもありますねぇ。
        カレンベリーは8種の中でも飛びぬけて背が高くなっていて、着果位置も
        高いですが、宝交という品種なんかは背はわりと高いけど着果位置は殆どが
        10センチ以内の場所みたいです・・・。

        なので、"短い花柄=着果しない" とは言い切れないような気がしますよ!

        去年ぶくぶくでやったイチゴの写真を見返してみたけど、やっぱり
        同じ株から短いのも長いのも混在してる感じでした。

        葉っぱが小さいってのは多分肥料が足りてないですね・・・。
        秋の花芽分化の時期に肥料を減らしてやると花の数が多くなるけど、
        (つまり今から花を増やすのは無理・・・)
        開花前後からは追肥してやらないと着果率が悪くなると思います。
        今年は土耕でやられてましたよね?
        土耕は肥料コントロールが難しいですもんね・・・。
        といって水耕でもイチゴは難しいですけど^_^;
        プロと素人の違いが一番出るのはイチゴかもしれませんね〜

        なんか答えになってませんけどとりあえず知ってる範囲で^_^;
        • bigtomato
        • 2015.04.24 Friday 19:36
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Author:
         
        水耕栽培ブログランキング
        にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
        にほんブログ村



        ◆過去記事タイトル一覧◆
                    
        Search this site.
        Categories
                    
        Archives
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
                    
         
        ◆過去記事タイトル一覧◆
        Recent Comment
        Links
                    
        Selected Entries
         
        ◆過去記事タイトル一覧◆





        水耕栽培ブログランキング
        にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


        過去記事タイトル一覧




        過去記事タイトル一覧


























































        クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
        PR
                    
        PR
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM