<< ベランダdeトマト!? | main | トマトがまた折られた(-_-#) >>
2018.07.05 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

          
    2015.04.19 Sunday

    トマト、久しぶりのぶくぶく水耕!

    0
      JUGEMテーマ:家庭菜園
       
      買い物に寄ったスーパーの裏手に綺麗な発泡スチロール容器が山積になってるのを偶然発見!

      2013年に水耕栽培を始めた年は、発泡容器を探してアチコチのスーパー巡りをしたりして
      苦労したあげくに手に入れたのはたいてい魚用・・・。急いで持って帰っても車は魚臭くなるし^_^;、
      すぐに綺麗に洗って天日干しして・・・そんな感じでした。

      今年は電気を使うのは極力やめて殆どのトマトを固形培地耕でやっているわけですが、
      探してない時に限って素晴らしいものはやって来るようですww

      今回の容器は袋もやし用だったみたいで、ともかく綺麗! あまりに新品同様なので念のために
      居合わせた店員さんに持って帰っていいか確認しました。どうぞどうぞとありがたいお言葉。

      HCで買えば1,000円近くはするような大型の容器を4箱頂いて帰りました^ ^

      こうなるとね、もうぶくぶくしたくて仕方ない(笑)

      ちょうど前日に定植したばかりの "ベランダdeトマト" 品種名はマンマミーア。
      キャッチコピーが "ずぼら人間専用" なんて面白いもんだから、ZUBORAKKO(ずぼらっこ)と命名しました^_^; 

      で、そのZUBORAKKOはハンギングトマトなんですが、矮性と呼ばれるせいぜい背丈が50冂度のトマト
      って育てたことないもんだから、ペットボトルでも栽培してみようかなと考えてたんです。
      そもそもたいした大きさにならないから液肥もそんなに食わないだろうと思って・・・。

      だけど変更。買い増ししたZUBORAKKOは久しぶりのぶくぶく水耕で栽培してみます!!


      栽培場所は、2013年にピンキーをぶくぶく水耕した室外機の上です。800個以上の収穫でした。

      ピンキーの時に比べると発泡容器の容量は倍ほど。
      とりあえずセットしたけど、まだ真水で。2、3日ほどしたら液肥を投入したいと思います。

      固形培地耕とぶくぶく水耕でどういう結果になるのか楽しみです^ ^


      今年は矮性トマトを7株ほど栽培していますので近況なぞ。


      プチ改造して簡易循環になったハイポニカ・ぷくぷくで栽培中のトマト大王。

      主枝が曲がってしまってるのは低温障害なんでしょうかねぇ。
      とはいえ、ここ数日で目に見えて生長スピードを上げたように感じます。









      どのトマトもかなり低温障害で傷んだ葉が目立ちますがこちらも少し元気を取り戻してきました!

      タンブリングトム黄は2個ほど着果を確認しました。



      ハンギングトマトっていうからにはハンギングも試してみないとね(笑)

      土の配合はバーミキュライト30:バーク堆肥20:培養土50みたいな感じです。
      元肥はマグアンプK(中粒)を軽く一握り。土の量が少ないからちょっと心配ですがまあお試しということで。


      これで今シーズンのトマトの定植は完了にするつもりです。つもりね(笑)

      今後の予定としては、調子の悪いスナップはGW前半くらいに撤収、入れ替わりにナスの定植ですかね。
      ペッパーもゴミ箱パッシブ水耕と麻袋土耕でスタートしたいと思っています。

      そうそう、しろくまゴーヤを売っている唯一のHCに問い合わせたら、来週末には入荷するとのことなので、
      その時にしろくま苗とキュウリ苗を購入するつもり。GW明けの定植ってところでしょうか。


      いよいよ2015春夏シーズンスタートって感じでテンション上がってきました^ ^



       
      応援していただくと励みになります!
      ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村
             
              

      同じカテゴリーの最新記事です

             
             
            
      2018.07.05 Thursday

      スポンサーサイト

      0
              
        コメント
        こんばんは!

        おぉ〜、ブクブク来ましたか!
        循環には劣るでしょうが、ブクブクも良いですよね!
        我が家のブクブク組、恐ろしいスピードで成長を始めて今大きいもので50cmくらいになりました。
        葉の横張りも50cm近く…、栽培スペースに収まるか怪しいです(笑)

        こうして見ると矮性も面白そうですね〜。
        今日もコーナンでハンギングトマトをガン見してしまいましたよ。
        でも、もうここは我慢我慢!ですね。

        ちなみにトマトの定植完了じゃないですよね? ね??(笑)

        あと、冬瓜はですね、ウリ科の独特な味がします。
        私も母親が全く冬瓜料理を出さなかったので無縁で生きてきたのですが、
        「安いじゃない」と買ってみて料理したらハマッた口です。
        鶏ミンチや豚ミンチと一緒に煮て餡かけにすると旨いです!!
        ただ、スーパーの冬瓜は大きかったりカット済みなのですぐに使わなければいけなくて。
        冬瓜って実は、冬まで長期保存の利くものなんですって。
        だから、ミニ冬瓜なら保存しとくのにも便利じゃないかなぁと目論んでるんですよ。

        そう言えば最近、吸水ポリマーを巧くアレンジできないかなぁと色々思案してるんですよね。
        ただこれ、吸水性は凄いけど放水性に難アリらしく、巧く水耕栽培の補助に出来るかは不明なんですが。
        これが成功したら、水奴隷からも結構解放されますよねー。
        理想は下からポリマー→吸水布→培地なんですが、ちょっと実験してみようかしら…。
        • 梨乃
        • 2015.04.19 Sunday 22:54
        買い増しましたか( ^∀^ )
        >ペットボトルでも栽培してみようかなと考えてたんです。

        私も脇芽でやろうと思ってました。
        つないでおかないと、いつダメになっちゃうかわからないですしね(^-^;
        (もちろん最初のお味見で期待できそうならとの前提ですけどw)
        脇芽とり禁止といっても、芯どまり品種だから、一本仕立てにしないでね〜程度でしょうし。
        ペットボトルで普通に美味しいのができたら、応用範囲も広がるので、がんばりまーす。
        梨乃 さま^ ^

        >循環には劣るでしょうが、ブクブクも良いですよね!

        ピーマンとかとうがらし、トマトでも芯止まりなんかは循環とぶくぶくの差は
        殆ど出ないんですよね。というより土耕と水耕の差もないかも?
        でも、液肥が傷みにくいという強力なメリットがぶくぶくにはありますよね^ ^
        今回のトマトもドワーフなんで大きさは変わらないと思いますが、容器の容量が
        大きいので何日かほったらかしでも水枯れにならないかなと思って・・・。

        矮性トマト、コンパクトで風にやられにくいけど、問題は味ですよね(笑)
        どちらかというと観賞用というイメージなので、今回の品種には期待してます!

        >ちなみにトマトの定植完了じゃないですよね? ね??(笑)

        完了させなきゃという気持ちはありますよ?ww 場所もないしねぇ・・・。
        でも、きっとそのうちなんかやりたくなっちゃうんでしょうねぇ^_^;
        秋トマトの準備も6月くらいから考えないといけませんしね!!

        とうがん、餡かけのやつは美味そうですね^ ^
        梨乃さんちでたくさん採れたら試食させてください(笑)

        吸水ポリマー、観葉とかには使われてるみたいだけど、水耕では色々と問題が出るような?
        以前、実験記事を読んだ記憶がありますが、育つことは育つけどコストがかかりすぎとか?
        なにか中途半端な結果に終わったように憶えてます・・・・
        もし画期的な利用法が見つかったらこっそり教えてくださいネ!!
        アイディア上手の梨乃さんの実験に期待してます^ ^
        • bigtomato
        • 2015.04.20 Monday 10:55
        いずみさま^ ^

        買い増ししちゃいました(笑)
        脇芽とっても良かったけど、どうせなら固形培地耕との比較をしてみたかったので!
        とはいえ、定植直後からさっそくの暴風で今は室内避難(ペットボトル)させてますけど^_^;

        >もちろん最初のお味見で期待できそうならとの前提ですけどw

        時期によって味も変わるから、最後までわかりませんよ〜(笑)
        先週ですが、サントリーの "純あま"(ピュアスィートミニから改名) と
        デルモンテの "ぜいたくトマト" の試食をしたんです。ぜいたくのほうはまあまあ美味かったけど、純あまのほうは・・・糖度で言えば5度もないだろーという感じで、これ試食させたら売れる苗も
        売れなくなるだろって味でしたww 

        ウチも去年ビーの激変ぶりを体験したし、まあ長い目で見守ってやりましょうよ!
        ずぼらクラブ、あっという間に解散!! だと寂しいですしww
        • bigtomato
        • 2015.04.20 Monday 11:06
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Author:
         
        水耕栽培ブログランキング
        にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
        にほんブログ村



        ◆過去記事タイトル一覧◆
                    
        Search this site.
        Categories
                    
        Archives
        Calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        27282930   
        << September 2020 >>
                    
         
        ◆過去記事タイトル一覧◆
        Recent Comment
        Links
                    
        Selected Entries
         
        ◆過去記事タイトル一覧◆





        水耕栽培ブログランキング
        にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


        過去記事タイトル一覧




        過去記事タイトル一覧


























































        クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
        PR
                    
        PR
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM