<< iPhoneで照度を測ってみた! (追記アリ) | main | 栽培レポ 3/5 スナップが本気出してきた >>
2015.03.01 Sunday

苗の置き場所がない!

0

    ずさんな種まき計画のおかげで苗を置く場所がなくなりました^_^;

    セルトレイ→ポット→鉢ずらし これをちゃんとやろうとすると相当な面積が必要になるんですよねぇ。ちょっと考えればわかりそうなことですけども(笑)

    平屋じゃ無理なので3階建てにしてみたわけですが、やっぱり陽あたりは悪くなりました。少しずつ南中高度も上がってきてますし、今後はさらに悪くなるのがわかっててもこれしか方法がないのが悔しいですねぇ・・・。

    ビニール温室は市販のものです。
    ラックと100均ビニールで自作しようと思ってたけど、たまたま展示品処分で2,000円で売ってたので買いました。

    問題はこれでも面積は足りないってことなんですよね!
    まだセルトレイのままのも結構あるし、これからポット組が大きくなってきたら鉢をずらさないとますます徒長しちゃうので・・・

    いっそ外に出そうかとも思うけど、最低気温を考えると危険すぎるし、かといって夜間だけ室内に移動ってのは面倒すぎて私にはムリww

    温室ですが、2段目付近の気温が28℃を超えるとミニ扇風機を回して換気、23℃以下の場合はペッパー・ナスの加温をするようにセットしています。晴れた日はできるだけ前面を開放してやろうとは思っていますが。



    悩みはそれだけじゃなくて、1/6種まきのトマトはこの時期にしては大きすぎるし、徒長っぷりもヒドイです。

    そろそろ支柱が必要な高さになってしまいました。
    どんなに早くても定植は一ヶ月は先だし、いっそのこと摘心してしまおうかとも考えたり・・・。
    このまま一ヶ月も置いてたら老化苗になるのは確実だし、既にポットの中は根がグルグルかもしれません。

    真冬でも2ヶ月あれば定植サイズに出来るのがわかりましたから、2月中旬の種まきくらいでちょうど
    いいってことですね! 



    同じく1/6組のトマト。クォール・ディ・ブエが不調で葉が枯れてきています・・・。後発組に期待するしか。


    1/20以降に種まきしたグループはまだこんな感じで、案外ちょうどいいかもしれません。


    2月に入って種まきしたグループ。室内育苗ではどうしても徒長が避けられないようです・・・。


    2/16グループはまだセルトレイです。


    1/6種まきでもペッパー・ナスはわりといい感じ? ずっと加温していますが生長は遅いので助かります^_^;


    胚軸切断の実験中ですが、根は確認できませんが葉の数は増えています。うまくゆくかも!


    今後ですが、1/6のグループは老化苗待ったナシだし、ダメ元で外に出そうかなとも考え中です。
    最低気温を考えるとまだ4℃とか5℃の日も多いんですが、もうバーミキュライトの培地にセットして
    衣装ケースにでも入れてチャレンジしてみようかと。

    衣装ケース一個なら、夜間室内に取り込むこともできるし・・・・うーん、ホント言うと自信ないですが(笑)




     
    応援していただくと励みになります!
    ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
    にほんブログ村
           
            

    同じカテゴリーの最新記事です

           
           
          
    2017.07.12 Wednesday

    スポンサーサイト

    0
            
      コメント
      あれ〜〜〜!?
      苗・・・こんなにありましたっけ?(笑)
      ものすごい数になってますね(笑)
      じつは「デリシャス」を暖かい日を狙って送りつけようと考えていたんですが・・・(笑)
      でもハモグリされてるし・・・ そんな苗送りつけられても・・・
      これではご迷惑?(笑)
      ん〜〜〜4月までは我が家で待機させておきますね(笑) ← 送る気マンマン(笑)
      って、いらない?(笑)
      寒い時の育苗は大変ですよね。
      私は、発泡スチロールケース・電気毛布・苗カバー育苗箱510型を組み合わせて、
      育苗器を作ってみました。
      コンパクトな割に30度以上も温度が上がるので種の芽だしにも使えますし、
      ペットボトルも12個くらい入るし、高さも40cm程度までなら収まります。
      これも今度みて頂きたいですね。

      昨日のアドバイスありがとうございました。
      確かに吸水口は強制圧力で養液は入ってきますが、
      排水口は気圧と水量に関係する水圧のみで排水して行きますよね。
      私も吸水口の径と排水口の径はサイズの違う部材を使いました。

      昨日ご無理申しておりました自作循環栽培装置をみて頂く準備が出来ました。
      ホームページ作成も長くご無沙汰なので手こずった割に・・・です。(^^;)
      又、肝心の排水口の写真はありませんでしたが、
      動画内に瞬間写っているのを見つけたのでそれもアップしました。
      http://tentakane.net/suikousaibai/02-jyunkan/jyunkansiki01.htm

      ぜんぜん急ぎませんが、ご意見など頂けたらと思っています。
      • poronn
      • 2015.03.02 Monday 10:47
      難しいですよね・・!!
      ウチは双葉が落ちて、ひょろひょろと背が高くなってきてますので、
      思い切って外に出し始めました。
      ビニールに入れても、寒さで葉っぱも焼けてる所もちらほら・・・。
      でも、も〜〜家の中では収まらないので、天に運を任せます!!

      bigtomatoさんのトマト達は、茎も太くてしっかりしてますよ!
      あと1ヶ月は、過保護に育てたいですよね〜。
      衣装ケース1個なら、きっとやれる!!1個なら!!
      出しちゃえ(笑)

      • みず花蓮
      • 2015.03.02 Monday 11:44
      semireyさま(^・^)

      数えたら・・・60ほどありました・・・。
      水耕・毛管固形培地耕に定植できるのはMAXで30苗だから、半分は余ります・・・。
      むしろこちらから送り付けたいんですけど(笑)

      でもデリシャス・・欲しいかもww 

      とりあえず4月までの保育、お願いしまーす!
      • bigtomato
      • 2015.03.02 Monday 19:18
      poronnさま(^・^)

      拝見させていただきました!
      いゃあ〜 素晴らしい自作装置の数々・・・私なんかがアドバイスできること何もないですよ!(笑)
      電源ボックスなんかもキチンと処理されてますね・・・見習わないといけません^_^;

      動画の排水口を見ましたが、水位がかなり低いんですね。
      これだと確かに根は吸い込まれ放題だと思います。

      初期〜中期までは思い切って水位を上げる(10センチ程度)と、それだけで吸い込み
      は全然違ってくると思います。
      水位をいじりたくないのであれば、例えば排水口を塩ビ管の75ミリとか100ミリとか、
      筒状のカバーをして、動画で言えば右側の一部に穴を開けてみるというのは
      どうでしょう? 回りこんでくる根もあるとは思いますが、何もないよりは良いかもしれません。

      その上で、排水パイプの周りに、パイプよりほんの数ミリ高くなるようにスポンジをグルッと
      巻いてやると根は吸い込まれにくくなると思います。
      排水に関しては、数ミリでしたら表面張力でその部分だけ水位が上がってくれるので
      問題ないのではと想像しますがいかがでしょうか? 

      または、排水口を境に左右に分けられるように仕切りをして、壁側の一部に穴をあけるとか・・。
      さらに、その両方を同時にやれば、シートを使わなくてもなんとかなるような気もします。

      私の経験のない方式なので想像になりますが、シートを使った今の方式だと、根の問題は
      解決できる反面、ドリップ式のメリットも激減しているような気がします。
      やはり直接シャワーが水面を叩いてくれるほうがこの方式の良さを生かせますよねぇ・・。

      すべて想像ですので、全然お役に立てないかもしれませんがお許しを!

      • bigtomato
      • 2015.03.02 Monday 19:56
      クォール・ディ・ブエは寒いのが嫌いみたいです。
      春めいてくると元気になってきますから、多少下葉が落ちても大丈夫だと思います(^^)

      そのまま定植狙いなら、フライングすると大きくなりすぎちゃいますよね。
      私は摘芯植え替えして、あわよくば数を増やして外に常駐させる頃に開花を狙っているんですが、タイミングをはかるのがむずかしいです。
      たくさん苗があるなら、いつ、どこまで摘芯したら、適期に開花するかのデータをとりませんか(*'-'*)エヘヘ♪
      私は第2陣の種まきがダメダメでやる気度がダウンしています。
      本鷹もまだ発芽しないので、再チャレンジするつもりではいますが、いざとなったらbigtomatoさんが種採りしてくれると、思ってたりして・・・_(^^;)ゞ

      今年は購入苗頼みが増えそうです。
      みず花蓮さま(^・^)

      うんうん、難しいねぇ〜冬の室内育苗って!
      でも、真冬に種まきして、徒長しながらもなんとか苗らしきものが出来るって
      わかっただけでもめっけもんです(^・^)

      >寒さで葉っぱも焼けてる所もちらほら・・・。

      ウチのクォール・ディ・ブエが全部調子悪いけど、枯れてきたと思ってたの
      もしかして焼けてるのかな? 寒さでも焼けたりするんだ???
      とすると、寒さに弱い品種なのかもですねぇ、牛臓さんは・・・。

      >bigtomatoさんのトマト達は、茎も太くてしっかりしてますよ!

      え? そうなの??? ヒョロヒョロで頼りないけど・・・マシなほう??
      今にも倒れそうなので竹串で支柱を立ててやろうと思ってますが^_^;

      >衣装ケース1個なら、きっとやれる!!1個なら!!
      >出しちゃえ(笑)

      うんうん、もうね、出すしかないのよ、実際(笑)
      このままじゃ陽あたりも悪いし、老化苗まっしぐらだし、近いうちに出します!!

      衣装ケースももう買ってきちゃったしww
      • bigtomato
      • 2015.03.02 Monday 20:11
      いずみさま(^・^)

      >クォール・ディ・ブエは寒いのが嫌いみたいです。

      あ、いずみさんが答え出してくれた!(笑) 
      やっぱりそうなんですねぇ・・・。牛臓さん、どれも不調だけど期待できるかも!

      >いつ、どこまで摘芯したら、適期に開花するかのデータをとりませんか(*'-'*)エヘヘ♪

      フライング組は近々外に出そうと思ってますが、こっちも試してみたいですね。
      いくつか残してチョッキンしてみて実験してみましょう!

      >私は第2陣の種まきがダメダメでやる気度がダウンしています。

      更新がないのはそういうことでしたか(笑)

      本鷹はですね、現在3苗が順調に育ってます(^・^)
      3つとも育てる予定なので採種は多分大丈夫だと思いますよ!
      甘長も黄とうがらしもペッパーはどれも順調です!!

      >今年は購入苗頼みが増えそうです。

      30苗ほど余りそうな気配ですので、ウチの苗でよければお声がけくださいね!
      特にフルティカは水耕エースなのでかなり多めに作ってますので(^・^)
      • bigtomato
      • 2015.03.02 Monday 20:52
      みなさま、こんにちは。

      bigtomatoさま、
      早速みて頂いてありがというございました。

      > 動画の排水口を見ましたが、水位がかなり低いんですね。

      動画は装置が完成した時のもので、その時点では排水高さを最低レベルにしていましたが、
      排水口に塩ビパイプ13を刺せるサイズにしてありますので排水高さは自由自在なんです。

      排水口を高くしても根は入っていくんですよね。

      > やはり直接シャワーが水面を叩いてくれるほうがこの方式の良さを生かせますよねぇ・・。

      でしょ。(^o^) 定植したら、bigtomatoさんから頂いた、排水口にスポンジを巻く方法で再度挑戦してみます。
      貴重なアドバイスありがとうございました。


      先月作った育苗装置のアイデアもお暇なときにでもみて下さい。

      http://tentakane.net/suikousaibai/03-ikubyou/ikubyou03.htm

      • poronn
      • 2015.03.02 Monday 21:01
      ピコーン!!徒長、徒長を感知しました!!(笑)
      でも、全然許容範囲じゃないですか?定植する頃には丈夫になりそう。
      と言うか…同じ時期に種まきしたはずなのに、断然bigtomatoさんの方が大きいです。
      これは徒長の問題じゃありません、本葉の数が違います。
      一番大きいのなんて、脇芽がチラチラ見えてるじゃないですか!
      我が家のトマトたちですが、やっぱり寒さに当てて葉が黒く染まると、それだけで成長が止まりますね。
      一度も寒さに当ててないものは先に種まきしたものを追い越してすくすく育ってますから。
      徒長も怖いし、葉が黒く染まると停滞するし…うーん、難しい。

      うちはですねぇ、いくつかは穴鉢に植え替えましたが如何せんスペースを取るので、
      大半はセルトレーのままもうちょっと粘るつもりで育ててます。
      去年は何本か、サボって30cm近くまで育てちゃいました。(定植スペースの確保が出来なくて)
      適当なのに立派に育ったから、トマトって凄いなぁと思いましたよ。

      そうそう、スノーホワイトですが、追加で2個まいたらやっぱり発芽率100%でした。
      我が家はよっぽどスノーホワイトと相性が良いみたいですwww

      早く暖かくなりませんかねぇ。
      油断してたらbigtomatoさんのところ、花芽が来ちゃいそうですね。(笑)
      早く定植して、ゴチャゴチャしてる物スッキリさせたいですわー。

      それではまた!
      • 梨乃
      • 2015.03.02 Monday 23:12
      poronnさま(^・^)

      育苗器もこれまたスゴイですね〜
      電気毛布のカット→縫製はビックリしました(・o・)

      面白いと思ったのはアクリル紐、しっかりと根が飛び出していますし
      水耕用の苗なら良さそうですネ!! 

      >排水口を高くしても根は入っていくんですよね。

      排水パイプを垂直に立てるとパイプ付近に上昇水流が生じるんですかねぇ・・・。
      私は横に排水する方式しかやったことないのでわかりませんが。

      ちなみに、排水口の位置も関係しているかもしれませんね。
      私は栽培槽の「角」ぎりぎりに設置して、なおかつ排水口自体は壁方向に向けています。
      排水口が真横に向いた時には壁との隙間は1センチほどです。
      この頃には根はマット状になっていますし、スポンジのおかげで根が侵入してくるという
      ことは殆どありませんでしたが・・・。  

      垂直パイプにスポンジ効果があるかわかりませんが、うまくゆくといいですね!
      • bigtomato
      • 2015.03.03 Tuesday 02:24
      梨乃さま(^・^)

      >ピコーン!!徒長、徒長を感知しました!!(笑)

      やっぱりレーダーに反応しちゃいました?ww

      写真の撮り方にもよるんですが、実際はね、あちゃーって感じです。

      フライングトマトはダメもとで外に出して、場合によっては脇芽をとってやり直そうかなとも・・。
      それでなくても今年は高さ制限が厳しいので、定植時にヒョロヒョロの50センチとかは避けたいです^_^;

      まあその前に品種の選抜という悩ましい作業が待ってるわけですが・・・。そっちも辛そう。

      >大半はセルトレーのままもうちょっと粘るつもりで育ててます。
      >去年は何本か、サボって30cm近くまで育てちゃいました。(定植スペースの確保が出来なくて)
      >適当なのに立派に育ったから、トマトって凄いなぁと思いましたよ。

      セルトレーで30センチとはやりますね(笑)
      確かにトマトって生命力強いですよね! でも、樹は大きく育っても実つきは苗の出来次第
      だと思うから、早めに鉢上げしたほうが良いかもですよ?
      ま、ウチも場所の関係で同じく四苦八苦してるわけですが(笑)

      結局はサンルームがあればな〜って結論に落ち着くみたいです。BIG当たらんかなーww

      結局、スノーホワイトとグリーンゼブラの2種類が発芽失敗に終わりました orz
      既に20品種が育ってるから、リベンジは来季になりそうです・・・。
      • bigtomato
      • 2015.03.03 Tuesday 02:51
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Author:
       
      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村



      ◆過去記事タイトル一覧◆
                  
      Search this site.
      Categories
                  
      Archives
      Calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
                  
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆
      Recent Comment
      Links
                  
      Selected Entries
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆





      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


      過去記事タイトル一覧




      過去記事タイトル一覧


























































      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      PR
                  
      PR
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM