<< 栽培レポ 1/23 芽キャベツが開いてきた | main | 真冬の育苗、なかなか難しい >>
2015.01.28 Wednesday

新しい発芽装置を作ってみた!

0
    今までに作った発根・発芽装置は

    ・水槽用ヒーター(26℃固定)を使った浮き島スポンジ方式  ・・・発芽するにはするけど多湿が問題 温度も不足気味。

    ・白熱ランプ+タイマー制御方式  ・・・温度コントロールが難しい。温度が上がりすぎて発芽不良になったりも。

    今年は座布団サイズのホットカーペットを使って発芽させていますが、
    この方法はまずまずの発芽率で悪くないけど、昼間は温度が上がりすぎたり
    することもあるし、そもそも毎日変わる天気に細かく対応するのは無理ですよねぇ。
    まあ気長に待ってればたいていそのうち芽は出てくるんですけどね(笑)

    でも! ここはやはり温度制御できる装置を作ろう!! 今年はやる気が続いてますww 

    基本構成としては「温度制御装置」+「加温装置」ですね!

    まず、加温装置を作りました。


    肝心の熱源はディスカウントストアで買ってきた税込み598円の電気あんかです。
    60Wと発芽用にはパワーも十分だと思われるし、なにしろ安い(笑) ここは重要ポイントですよね!!
    強弱のコントロールと温度ヒューズが内臓されていて、一応の安心感もあります。

    筐体はスタイロフォームの切れ端を使って作っています。
    家の断熱材として使われるものですからこういう装置の素材としても適してると思います。
    外側はアルミシートを張っていますが、これは単にスタイロフォームのままだと無粋だからってだけです。
    まあ人によって感じ方はいろいろでしょうけど、私はアルミシート張り、嫌いじゃないです(笑)


    念のために二重にビニールで覆った電気あんかの上にダイレクトにステンレスバットを重ねました。

    このステンレスバットの大きさに合わせて筐体を作ってあるので四隅の小さな隙間以外はピッタリサイズ。
    熱のロスが抑えられてダイレクトにステンレスバットを暖めてくれると思います。


    バットの大きさはウチで使っているセルトレイだと12個分くらいですが、あくまで発芽専用装置なのでOK!

    発芽までは過保護に最短で、発芽してからは徒長を防ぐ意味でも、ある程度低温で管理しようと思ってます。


    さっそくテストしてみましたが、これならナス・ペッパーの発芽にも問題なく使えそうです(^。^)


    続いて温度制御部分を作ります。

    当初、この制御部分を自作しようと思って必要なパーツリストを作ろうとしてたんですけど、その最中に
    こんなものを発見してしまいました・・・。


    STC-1000なる怪しげな海外製品ですが、デジタル温度制御ユニットです。
    送料込み、なんと1,832円!! 安すぎ、大丈夫かなあ?

    大雑把な機能でいうと、-50℃〜99℃まで精度プラマイ1℃で、ヒート、クール両方の制御が可能です。

    つまり、例えば25℃以下になったらヒーターON、28℃到達でヒーターOFF、
    反対に、28℃を越えたら冷却ファンON、25℃まで下がったらファンOFFというような使い方ができるので、
    夏場の温度コントロールにも使えます。液肥の水温が28℃超えたら冷却ファンが始動とか。

    ただしこれは制御ユニット単体なのでこのままでは使えません。
    電源コードや出力コンセントなんかは自分で用意して結線してやる必要があります。

    でも、仮にこれと同じものを自作するとなると、材料費だけでもかなり足が出ますよ・・・。
    送料やガソリン代、作る労力を考えたら自作魂もどこかに吹っ飛んじゃいますねぇ^_^;

    日本語説明書など一切ありませんけど、少し電気知識のある方なら問題ないと思います。

    温度測定にはNTCサーミスタという素子(多分)を使いますが、これも付属しています。


    適当なケースが見当たらなかったので100均のプラボード(10mm)で作ってあります。
    手作り感満載ですが気にしないでください(笑)

    本体以外の材料はメイン電源用のプラグコード、出力用のプラグコード2本、あとは結線用のコード類のみ。
    本体上部に記載してある配線ダイアグラムとにらめっこして慎重に結線すれば出来上がりです。

    特段難しい作業はないけど、結線を間違うと一瞬で本体を破壊してしまうのでここだけ要注意ですね!
    それと、プラグコード類の引っ張り断線を防ぐためにケース内部で余裕を持たせて一定の位置で
    ストップがかかるようにしておきます。あとは裏ブタをして作業終了です。

    制作費ですが、サーモユニットと結線用のコネクター以外は手持ちの材料を使ったので2,000円弱でした。


    付属の温度センサーは防水タイプなので水中でも使用できます。コードは2m。
    クール用プラグには冷却ファンなどを。ヒート用には熱源を。

    それぞれ設定温度を基準にして差分温度をセットしてやると、クールなら基準温度 + 差分温度に達したらオン、
    ヒートなら基準温度 - 差分温度まで下がったらオン、そしてどちらも基準温度になるとオフという仕組み。

    例えば設定温度を28℃にして差分温度を3度にセットすれば、25℃以下になったらヒーターオン、
    28℃に達したらヒーターオフになります。


    加温装置に合わせてなんとなくアルミシートを張ってみましたが・・・うーん・・・まいっか^_^;

    そのうちちゃんとしたケースに入れてやるかもしれません。そしたら既製品と変わらない質感になりますよ!

         ※配線については   STC-1000(温度制御ユニット)の配線について
      ※ケース収納は    STC-1000(温度制御ユニット)ケース収納編(追記アリ2/20)
      ※その後のまとめは  発芽装置まとめとジャンボしいたけのバター焼き



    庭に放置していたポリポット(土入り)でテストしたら、9.8度の地温が1.5時間後には28℃を超えました。
    1時間時点でヒートのインジケーターが点灯しているのが1.5時間後に消えているのがわかります。
    ちなみに室温は16℃でした。


    というわけで、さっそく種まき!!  みず花蓮さんに頂いたトマト5種です。

    ・トマト大王
    ・タンブリングトム レッド
    ・タンブリングトム イエロー
    ・サンチェリー プレミアム
    ・小鈴SP

    設定温度は25.5℃〜28℃にしてみました。
    中央のセルトレイは温度測定用で、1センチほどの深さにセンサーを挿しています。

    はてさて、どのくらいで発芽してくれるか楽しみです(^・^)


     
    応援していただくと励みになります!
    ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
    にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
    にほんブログ村
           
            

    同じカテゴリーの最新記事です

           
           
          
    2017.06.27 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
            
      コメント
      何やらものすごく本格的になってる!!!!!
      bigtomatoさんは一体どこに向かっていらっしゃるのか…w
      でも、すごーく効率良さそうですね♪
      うちも、隣の爺ちゃんが「蘭やってた時のサーモ…いらんよねぇ?」って言ってくれたとき、
      遠慮せずに貰っておいたほうが良かったかしら…。
      でも、使いこなせない気がしたので断っちゃったんですよねぇ(アハハ…

      今回はミニトマトなんですね!
      ついつい気になって「トマト大王」をググって見たら、支柱無しで800の売り文句には驚愕しましたw
      夢のようなトマトですねー。

      我が家でも春栽培予定のトマトは全て発芽したので、次はナス・パプリカを蒔きました。
      催芽→発芽までは高温、あとはホカペの上に置くのみでやや低温に管理してます。
      • 梨乃
      • 2015.01.28 Wednesday 22:21
      梨乃さま(^・^)

      >bigtomatoさんは一体どこに向かっていらっしゃるのか…w

      とにかく楽したい一心で^_^;
      これだと温度のこと気にしないで放っておけるなーと・・。
      あと、夏の冷却にも使えそうなので思い立って作ってみました!
      でも、オフシーズンの工作なかなか楽しいですよ(^・^)

      サーモは頂いておけば良かったですねー(笑)
      ホットカーペットの温度コントロールにも使えますし!
      今度会ったらやっぱり下さいって・・・言いにくいよねぇww

      トマト大王、売り文句はスゴイでしょ? 
      でもね、未だネットで800個収穫の記事を見たことがありません(笑)
      なのでみず花蓮さんにおねだりして頂いちゃいました。
      大王様が本気出してくれるか楽しみですネ!!

      ウチもやっぱりトマトの種まきすぎて、既に15品種超えてます・・・。
      まあいざとなったらプランター栽培ってのもアリですから気にしてませんけど(笑)

      >我が家でも春栽培予定のトマトは全て発芽したので、次はナス・パプリカを蒔きました。

      梨乃さんに頂いたロッサビアンコ・フィレンツェも種まきしてます(^・^)
      こーいうお洒落なナス育てるの初めてだから楽しみですねぇ〜

      >催芽→発芽までは高温、あとはホカペの上に置くのみでやや低温に管理してます。

      ウチもこの方針で行こうと思ってます。
      この時期は最低気温がコロコロ変わるから、下手したら10度切りそうになって
      トマトはいいとしてもナスには辛いと思うからウチも加温してるけど、こちらのほうこそ
      温度制御したほうがいいかなーと思案中です。
      • bigtomato
      • 2015.01.29 Thursday 01:54
      凄いメカ作ってますね〜!
      こんなスペシャル待遇してもらって・・・いいお家にもらわれたので、
      ちゃんと奉公して美味しいトマトになって下さい。
      オ( ̄人 ̄)ネ(−人−)ガ(*_ _)人イ

      トマトよりペッパーやナスの方が発芽が難しいんですね・・・。
      ウチのも端っこで温度が低いせいか、ペッパーやナスの方が発芽が
      遅れています。。

      でも、こんな装置は私には無理〜〜(笑)
      部屋の暖かい所に持って歩くのが精一杯!



      • みず花蓮
      • 2015.01.30 Friday 15:24
      みず花蓮さま(^・^)

      スペシャル待遇?なのは発芽まで(笑) 発芽したらスパルタ環境で育ってもらいます・・。
      しかも、私にとって楽というスペシャルさだけですけど^_^;
      今までカンでやってた温度管理がキッチリできるようになったのでありがたいです(^・^)

      ナスなんかは変温環境(昼30℃、夜20℃みたいな)のほうが発芽が促進されるので
      一般的には育苗は難しいと言われてますよねぇ・・・私も育苗経験ありませんもん^_^;

      装置といってもメイン部分は買ってますからね! 
      2000円くらいでできるから必要なら作って送りますよ?
      いろいろ応用もきくのでひとつあるととっても便利だと思います。

      いただいたトマト種、4日くらいで発芽しないかなーと思ってるけど、
      あと2日、待ち遠しいですね〜 

      関東は雪積もったみたいですが、大丈夫でしたか?

      • bigtomato
      • 2015.01.30 Friday 20:14
      雪はもうすっかり溶けてしまったのですが、
      寒い一日でした**ご心配ありがとうございます♪

      ナスは高温がお好みなんですね・・。
      ウチのは10日経っても、根っこがちらちら見えるか・・・見えないか・・。
      明日ちょっと刺激してみようかな(笑)
      夏はグリーンファームの中にいつまでもいたので(2ヶ月くらい?)、
      おナスがそんなに難しいとは思わなかったです!

      やっぱり、寒いのはいやだなぁ〜〜。

      bigtomatoさんの4日くらいで発芽も待ち遠しいですね!
      発芽後もちょっとしたことで、駄目になることも多いので
      トマトに鼻歌聞かせながら、毎日可愛がってます♪
      • みず花蓮
      • 2015.01.30 Friday 22:28
      みず花蓮さま(^・^)

      高温→低温のメリハリが大事みたいですネ!
      良いナスの苗を作るのはアマチュアには大変みたいです。

      今日で三日目ですが、小鈴SP、タンプリングレッドは早くも出てきましたよ(^・^)
      • bigtomato
      • 2015.01.31 Saturday 14:09
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Author:
       
      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村



      ◆過去記事タイトル一覧◆
                  
      Search this site.
      Categories
                  
      Archives
      Calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
                  
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆
      Recent Comment
      Links
                  
      Selected Entries
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆





      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


      過去記事タイトル一覧




      過去記事タイトル一覧


























































      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      PR
                  
      PR
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM