<< 実験栽培レポ 8/31  | main | 秋トマト3種、味くらべ ゴーヤは撤収準備 >>
2018.07.05 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

          
    2014.09.02 Tuesday

    諦めていたプチヴェール、送っていただきました!

    0
      9月に入ってすっかり秋模様・・・かと思いきや、今日の博多は久しぶりに夏日のような天気でした。
      気温も31℃を超えて、夕方液肥チェックしたらドカンと減ってました。久しぶりに奴隷気分を味わいましたよ(笑)

      さて、8/28に「プチヴェール諦めてコロ助(芽キャベツ)定植(^.^)」という記事を書いたんですが、
      なんと!! いつもお世話になっているいずみさん(いずみのベランダ水耕覚書)から嬉しい荷物が!!

      プチヴェール 第四種郵便物
      こちらの地域では入荷のないプチヴェールの苗を送っていただきました(^O^)/ いやー嬉しすぎる。

      植物の苗や種を送るには「第四種郵便物」という方法があって、実は私もこの夏に初めてこの方法で
      苗を送ってみたんですが、宅配便等と違って少々梱包に条件があります。

      ・中身がわかるようにしないといけない

      この条件をクリアするためには、「梱包の一部を切り取って窓を作って中が見えるようにする」
      または「窓口で確認してもらったあと梱包を完成させる」必要があるんですネ!

      私が送ったときはAmazonのダンボールを改造して上限の90サイズ(縦×横×高さ)ギリギリに作って、
      なおかつ確認用の穴をあけて上からビニールを貼って窓にしました。
      輸送中に苗がぐらついては傷んでしまうので、中で苗をしっかり固定する工夫も必要になります。

      とまあ、普通の宅配便に比べるとチョットだけ神経を使うのですが、そのかわり郵便だけに全国統一料金
      というメリットがあります。
      50g〜上限1kgまで段階料金になっていますが、例えば200g以内なら210円、400g以内だと280円、
      400gを超える分については100gあたり51円プラスになってゆきます。

      仮に上限の1kgの場合でも586円という格安料金で全国に送れるんですねぇ〜 

      で、今回のペットボトル! 
      複数の苗を送るのは無理ですが、1ポットならこの方法はスゴク良いと思いますね!!

      今回のプチヴェールの苗も、写真右の大きさのものでもコンパクトにたたんでやれば
      見事にペットボトルに収まってます。

      いずみさんのやり方を見ると、ペットボトルを途中でカットして、苗を入れた後テープでグルリと
      固定しています。通気穴もたくさんあけていて、苗ポットには乾燥防止に湿らせたコットンを
      敷き詰めていただいてました。 
      さらに今回は速達で送っていただいたので、関東から福岡まで1日で届いています。
      今日は珍しく夏日で暑かったんですが、苗は萎れることもなく売り場にあるのと同じ状態です。

      ペットボトル輸送だと、容器が頑丈でつぶれることはまずないだろうし、なにより透明で
      一目瞭然、しかもこの形ですから天地さかさまに置かれることは絶対ないというメリットが!!
      今後の苗を送る機会にはぜひ真似したいと思っています(^・^) 

      さて、ちょうど今日は天気も良いし、さっそく定植(笑)

      栽培方法をいろいろ考えたんですが、今年ペッパーで順調に育っているパッシブでゆくことにしました。
      去年のパッシブ水耕は定植にスポンジで苗を挟んだだけの単純な方式でしたが、
      今年は少し変えています。今年のパッシブの方式はこんな感じです。

      とうがらし バナピー 水耕 
      どのペッパーも順調に育っていて、収穫も始まっています。
      根の様子ですが、当初の予想通り500mlペットに入れたスリットからどんどん根が伸びて
      特に大きく育っているバナピーは根の量もかなり多いですね。

      そもそもペットボトルにバーミキュライトを満たしたのは、水位が下がってきた時に根の乾燥を防ぐ意味で
      そうしたんですけど、バナピーなんかはあまり役に立ってないようですね(^▽^;) 

      プチヴェールもこの方式でゆくわけですが、また少しだけ変更してみます。

      水耕 装置 ペットボトル 自作
      基本構造は同じですが、培地容器を500mlから2リッターのペットボトルに変更しました。
      同じようにスリットと通気穴をたくさんあけて、周りをグルリとマイクロファイバークロスで覆いました。

      培地を大きくすることによってバーミキュライトの中に張れる根の量がかなり増えるし、スリットから
      出てきた根はマイクロファイバークロスである程度乾燥を防げるかも? 

      ここまで培地の量が多くなると、固形培地耕なのかパッシブ水耕なのか良くわかりませんけどね(笑)

      プチヴェール定植 水耕
      ペットボトルの中に大粒のバーミキュライトを満たしてセット。
      100均の朝顔支柱とランドリーネットを組み合わせて防虫対策としました。

      プチヴェール 防虫ネット
      セットしたあとに気づいたけど、このネットじゃ狭いかな・・・。
      プチヴェールの葉っぱは弱くて簡単に折れるらしいんですよね、そうだとするとすぐに狭くなりそうです。
      ちょっと対策を考えないといけないかもしれませんね。
      まあ新しく専用の防虫ドームを作ればいいだけの話なので、近いうちに改善したいと思います(^・^)

      収穫期が12月くらいから、うまくゆくと来年の3月まで続くらしいので、長期栽培になりそう。

      葉っぱと脇芽の芽キャベツ(非結球)を両方使えるというお得なこの野菜、秋冬の楽しみが増えてゴキゲンです。


      収穫野菜 トマト とうがらし 純白ゴーヤ しろくま
      当面収穫できそうな秋トマトのブラッシュ・タイガーの実は4個だけ・・・。
      そのうちの3個は盛大に割れてしまいました(^▽^;)  しかも割れ方が強烈なんだよねぇ(-.-)
      上のほうの小さなロッソロッソは実験していた固形培地耕で唯一収穫できた2個です(^▽^;)  完全失敗 orz

      ゴーヤカーテンもやっぱり一気に黄色くなってきましたねぇ・・・残念!
      どんどん着果してるんだけど、どこかでキリをつけて撤収しないといけないようです。
      しろくまゴーヤ、もう10本ほどは確実に収穫できそうですけどね! それで終わりかも。







       
      応援していただくと励みになります!
      ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村
             
              

      同じカテゴリーの最新記事です

             
             
            
      2018.07.05 Thursday

      スポンサーサイト

      0
              
        コメント
        >まあ新しく専用の防虫ドームを作ればいいだけの話なので、近いうちに改善したいと思います(^・^)

        そのネットではひと月持ちません(;´▽`A``〜。
        順調なら1か月で横幅50センチ、2か月で1メートル弱になっちゃいますから。
        芽キャベツならしばらく何とかなったんですが、プチヴェールは無理です。
        http://izumi0831.blog.fc2.com/blog-entry-203.html

        でも、早く大きくなってほしいですよね p(*^-^*)q がんばっ♪
        いずみさま(^・^)

        >そのネットではひと月持ちません(;´▽`A``〜。

        あ、やっぱりぃ? ^_^;
        アオムシの危険がある10月末頃まではネット必須だと思うので
        近いうちに防虫ドームを作ってやろうと思います。
        今回の方式でどこまで育ってくれるかなぁ〜 楽しみです(^・^)
        改めてお礼申し上げます!

        • bigtomato
        • 2014.09.03 Wednesday 07:32
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Author:
         
        水耕栽培ブログランキング
        にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
        にほんブログ村



        ◆過去記事タイトル一覧◆
                    
        Search this site.
        Categories
                    
        Archives
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>
                    
         
        ◆過去記事タイトル一覧◆
        Recent Comment
        Links
                    
        Selected Entries
         
        ◆過去記事タイトル一覧◆





        水耕栽培ブログランキング
        にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


        過去記事タイトル一覧




        過去記事タイトル一覧


























































        クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
        PR
                    
        PR
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM