<< しろくまゴーヤ、収穫間近!!【追】 | main | トマト棚、撤収スタート。秋トマト頑張りマス。 >>
2018.07.05 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

          
    2014.07.28 Monday

    真夏の菜園レポいろいろ 7/27

    0
      灼熱地獄ですねぇ・・・毎日。菜園ブロガーの皆さんも熱中症にはご用心くださいまし。
      かくいう私もこの暑さでは庭に出る時間もどんどん少なくなって、日々の補給と収穫で手一杯です。
      でも、今日のレポはいつにも増して長くなると思います(^▽^;)  ご用心ください。


      この猛暑の中でもさすがペッパーは元気ですね! 水温は30℃を超えていますがへっちゃらみたい。
      台風騒動の時の室内退避でどの株も落葉・落花・落果してしまってどうなることかと思いましたけど、
      梅雨が明けてようやく着果スイッチが入ったようです。
      パッシブ水耕で栽培中なのは、バナピー、黄とうがらし、鷹の爪、万願寺とうがらしの4種。
      左端にスィートバジルがいますけど、元気に収穫中です。

      今年のパッシブはこんな方式で始めましたが、水位が下がっても萎れることはないですね(^・^)

      万願寺、バナピーはちょくちょく収穫できると嬉しいけど、黄とうがらし、鷹の爪は秋にまとめて収穫できれば
      良いので日々の手入れなんてものは何もやってません。
      最初は脇芽を摘んでましたが、枝が分化してからは完全放置です。

      液肥補給ですが、かなり株も大きくなりましたけど、3日間で水位が半分になるって感じです。
      ペッパー類はホントに消費が少なくて楽ですね・・・。


      ちょっと変なのは、パッシブの鷹の爪。写真右はペットボトル栽培の鷹の爪ですけど、普通は鷹の爪って
      こんなふうに上向きますよね? でもパッシブの鷹の爪・・・こんな生り方です(笑) 違和感あるなぁ。
      もしかして品種取り違えたかな? うーん色づくまで確定できませんけど、隣の黄とうがらしもこんな感じです。


      ソフトボール大のジャンボピーマンが出来るはずのデカチャンプ。
      期待度の高さから循環装置という高待遇なわけですが、ご覧の通り葉っぱおばけ(笑)
      いえね、着果してたんですよ? でも室内避難でこれまた落花・落果。以後一切着果ナシ!!!
      ECは2.0基準でやっていますが、今日久しぶりに計測したら1.3まで落ちていました。

      この葉っぱおばけの感じは、去年ぶくぶくでやったジャンボピーマンそっくりです。
      葉ばっかり繁って一向に実がつかなくて、ECをドカンと上げた途端に着果・肥大を始めました。
      その後冬を越し、今年の初春まで収穫できたので、きっとこのデカチャンプも年越しできるんではと
      思っています。明日にでもECを2.0に上げてやります。そのうちガンガン実を着けてくれるでしょう(^。^)

      液肥消費ですが、信じられないほど減りません。こんな葉っぱおばけなのに1リッター/日も減ってないような?
      この縦型循環装置、予備液肥を40リッタープールできるので、このままなら次は8月末かな(笑)


      こっちは土耕のデカチャンプ。食害がひどくて葉っぱは穴だらけですが、一応3個ほど着果してますね。
      土耕は元肥にマグアンプKのみ、週一で大塚液肥を少しってところです。こっちは脇芽も完全放置(^▽^;) 
      ソフトボール大にするには摘果したほうが良いんでしょうけど、引き続き放置で。


      キュウリは水喰い、肥料食い、梅雨明けで今さらながら実感できますね^_^;
      トマトたちの装置はどれもEC値はどんどん上昇していますが、この装置はジワジワと下がってます。
      夏すずみは現在までに約30本ずつの収穫で、少しペースは落ちてきましたがまだまだ頑張ってくれそうです。
      傷んだ葉は落としていますが、去年循環でやったキュウリに比べると傷みが少ないですね。

      キュウリの質ですが、明らかに去年の循環のものより良いです。
      真っ二つに切って、切り口をスリスリするとアクが出るんですが、今年のキュウリはそれが殆どナシ。
      味も食感も満足度の高いものができてゴキゲンですね(^・^) 
      収穫量もこのくらいでちょうどいいし、キュウリは今後は固形培地耕で十分だとわかりました。

      オマケで同居しているミニトマト、ピンキーもミニキャロルも循環のものよりも間違いなく味は上です。
      収穫量はわずかですが、満足度が高いので問題なし! こんな同居もアリですね(笑)

      もともと片方にクエン酸水溶液を混入する実験で始めたこの装置ですが、途中で実験は中断しました。
      あ、そういえば梅雨明けしてからクエン酸の葉面散布してない! 今こそ散布する時ですね! 明日やろう。


      同じく固形培地耕のゴーヤ2種。
      理想的なグリーンカーテンにはなってないけど、まあまあ?ってとこですかねぇ。
      言い訳すると、台風騒動の時にネットを切ってデッキの上にしばらく寝かせてたんですよね・・・・。
      その時にも生長してるから、ヤケに左側にツルが集中してしまった感じです。今さらほどけないしねぇ。

      高さももう3.5mを超えて、もうすぐ2階ベランダの手すりに到達です。月末にはそこで摘芯になりそう。
      一番果も今日の時点で25センチくらいになったから、月末には初収穫になるかもしれません(^・^)

      昨日は着果している実のルーツをたどって、白ゴーヤのほうにはタグをつけました。
      カーテンの70%がしろくま、30%が白ゴーヤって感じだけど、着果数もしろくま7、白3と同じ感じでした(笑)

      液肥消費ですが、しろくまは半端ないです。もう20リッター/日くらいは食ってます。
      この面積で実もたくさんついてますしね、当然ですね!! EC2.0基準で管理してますが、こちらもジワジワと下がってきてます。
      ゴーヤも去年は循環で栽培したけど、やっぱり葉の状態が固形培地耕のほうが断然いいです。
      黄色くなる葉が極端に少なくて、下のほうの葉もぜんぜん綺麗なのは去年と一番ちがうところ。
      初めての白ゴーヤなので味の違いを比較できないけど、期待できるかも!?


      とうに根マットが限界に来ている水耕フルティカですが、なかなか頑張ってくれてます。ビックリ(゜o゜)

      これ以上根を伸ばさないように、どんどん枝を落としているんですが、今日ふと棚の下から見上げたら、
      なんか結構いい感じの景色に見えたので撮ってみました。 うん、一応トマト棚って感じに見える!!(笑)
      まあ実際はプランター栽培のミニキャロルの枝もかなりかぶさってきてるんですが^_^;
      左側の小さい実はミニキャロルです。

      まだ100個くらいは実が残っているから、160-170個くらいの収穫となりそうですが、ミニトマサイズの実も結構
      あって、ちゃんと中玉サイズになってくれるかは怪しい感じです。
      でもまあ食べて文句なく美味しいので来年はもう少し大きな栽培槽でノビノビ育ててやりたいですね。
      今年の我が家の生食トマトは8割がフルティカでまかなえていて、育ててホントに良かった品種ですね!!

      今年の夏トマトは7品種、すべて苗を1株ずつ購入でスタートしました。
      今27株ほど夏トマトを栽培中ですが、20株は脇芽からの栽培でお得感は大きいですね(笑) 
      この水耕フルティカももちろん脇芽栽培です。


      秋トマトのパープル・バンブル・ビーが着果しました!! ピンボケですみません(^▽^;) 
      根も増えていまのところ順調です。
      秋トマトは現在、大玉1、ミニ3ですが、ミニの残りも開花して、大玉はもうすぐ開花ってところです。
      ミニのピンク・タイガーがさっそく窒素過多でクルクル巻いています・・・。根の増え方もいまひとつでちと心配です。
      今のところ脇芽は全てカット、カットした脇芽はもちろん育苗に回しています。

      秋トマトは1本仕立てを厳守するつもりで、初期に暴れると困るので今のところECは1.5程度です。


      いずみさんから脇芽を送っていただいたタイ・ピンク・エッグが完全に培地に根付きました。
      もうそろそろ定植できるサイズです。このまま固形培地耕でゆくか、それとも固形培地耕+循環のような
      新しい方式で行くか悩み中です。


      種まきしたピンク・エッグも無事に本葉が出てきました。

      この品種は2段で芯止まりするらしいので、どういう方式が
      一番良いのかわかりませんが、とりあえず3株栽培できそう
      なので、固形培地耕、循環、パッシブ、3種でやってみようかな。

      タイ原産で暑さに強いってことなのでかなり期待してます(^・^)







      土曜日は家族に手伝ってもらって、一気に600個ちかくのトマトを収穫しました。
      今回は主に大玉トマトを使って大量のトマトソース作り、鶏肉のソテーにトマトソースをかけても激うまです(^・^)
      昨日でミニトマトの収穫は4000個を超えました。なんやかやで去年と同じくらいの収穫はできそうです。

      長い記事にお付き合いいただきありがとうございます!






       
      応援していただくと励みになります!
      ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村
             
              

      同じカテゴリーの最新記事です

             
             
            
      2018.07.05 Thursday

      スポンサーサイト

      0
              
        コメント
        キュウリにゴーヤー・・・どちらも水耕ではなく固形培地耕の方が良さげなんですね。
        確かトマトも固形培地耕の方が味が良かったんでしたっけ?
        これをね、聞いちゃうと水耕より固形培地耕への興味が(笑)
        やっぱり、やらなきゃですね("▽"*)
        冬は水温もちょうどいいので、水耕でも美味しいんですけどまだまだ暑いですもん。
        やっぱ固形培地耕よ!固形培地耕!!(←自分に言い聞かせてみるw)
        semireyさま(^・^)

        今日はやけに夜更かしですねぇ(笑) それとも早起き???

        固形培地耕って、土耕と水耕のいいとこどりって感じがするんですよねぇ。
        しっかりした太い根が張ってくれるし、通気はいいし、最終的には液肥にザブンで吸い放題だし。
        私の少ない経験でも、水耕よりも固形培地耕のほうが味は良いですね!
        これは単純に実の数によるのかもしれませんが・・・・。

        それに装置がコンパクトにできて電気もいらないし、移動も簡単だし。
        培地の量や、毛管の利点をプラスしたり、その他いろいろ工夫次第で栽培結果も
        大きく違ってきそうで、今後は固形培地耕メインにシフトしようと思ってます(^・^)
        プチ巨木トマトだけは循環装置でないと無理っぽいので別ですけどね!!

        固形培地耕、バーミは再利用もできるし(ちょいメンドイかもだけど)、
        semireyさんは独自に工夫もされるので、この際極めちゃいませんか?(笑)

        でも・・・一度循環装置でトマトジャングルにして欲しい気もします(^・^)
        • bigtomato
        • 2014.07.28 Monday 05:14
        >秋トマトのパープル・バンブル・ビーが着果しました!!
        やったー、おめでとうございます v(^^*)
        うちも開花しました。

        ピンクエッグが、ずいぶん大きくなりましたね。
        ドブ漬けでも簡単にジャングルになるのに、こんなに大事に育ててもらえると、どうなっていくんでしょう。
        第一花房が咲いたら、一気に暴れスイッチが入るはずなので、これからが楽しみです(*^.^*)。
        いずみさま(^・^)

        いずみさんちもトマトがひしめきあってますね(゜o゜)
        さっき秋トマトをチラ見しにいったら、ブラッシュ・タイガーも着果してました!

        ピンクエッグ、すくすくと育っております(^・^) ホッ 一時はどうなることかと・・・
        脇芽のほうは固形培地耕で来月始めにでもスタートできそうです。
        種からのほうはとりあえずPボトルに引越しして根をしっかり伸ばそうかと。
        フルティカとピンクエッグを加えて、これでやっと秋トマト6種です(^・^)
        もう少し増やせるかなーとかね(笑)
        • bigtomato
        • 2014.07.28 Monday 14:18
        パッシブ水耕の蓋に苗が固定出来るのが素晴らしい加工ですね!!
        固形培地耕の白くま君たちも参考になるし!!
        循環装置もいつかやってみたい・・・夢が膨らむばかりです♪
        今は、電源が無いのでソーラーポンプで楽しんでますが、
        固形培地耕が我が家にはぴったり栽培方法かなぁ〜(*´艸`)
        今は、子供たちの夏休みで時間がいくらもありませんので、
        地味に時間を作って「楽しい野菜の時間」を満喫したいです!!
        (私が工作していると材料が奪われてしますので・・・)<(^ー^ι)
        • みず花蓮
        • 2014.07.29 Tuesday 21:20
        みず花蓮さま(^・^)

        今年のパッシブ方式、案外うまくいっているのかもしれません!
        パッシブの場合は水位が下がったときの空中の根乾燥が心配ですけど、
        今年のやり方だと長いバーミ培地が効いているみたいです。

        しろくまの方式も、途中経過ですけど成功したと言えそうです(^。^)
        同じ方式でサイズを変えればどんな栽培にも使えそうですよ!
        電気も使わないし、私が今一番追及してみたい方式ですね・・・。

        そっか、夏休みですもんねぇ。そういえば、私も子供が小さかった頃の夏休みは
        子供と遊ぶことばっかり考えてましたね。 でも菜園はしてましたよー(笑)
        トマトやらキュウリやら子供と一緒に収穫してました。
        まあお母さんの立場だと大変なんでしょうね!なんとか時間見つけて頑張って!
        • bigtomato
        • 2014.07.29 Tuesday 21:59
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Author:
         
        水耕栽培ブログランキング
        にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
        にほんブログ村



        ◆過去記事タイトル一覧◆
                    
        Search this site.
        Categories
                    
        Archives
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>
                    
         
        ◆過去記事タイトル一覧◆
        Recent Comment
        Links
                    
        Selected Entries
         
        ◆過去記事タイトル一覧◆





        水耕栽培ブログランキング
        にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


        過去記事タイトル一覧




        過去記事タイトル一覧


























































        クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
        PR
                    
        PR
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM