<< 時既に遅し。循環2号機は撤収カウントダウン | main | 循環2号機サビダニ なんとか止まった?? >>
2013.08.08 Thursday

桃太郎(固形培地耕)、撤収 + ECメーター届きました!

0
     

    純粋な水耕栽培とは言えないのですが、養液栽培の一種として実験栽培したホーム桃太郎。
    カゴ&トレイ方式でトマトは桃太郎、アイコ、品種不明の接木ミニトマト、他に節なりキュウリ、
    鷹の爪(唐辛子)の5種類を栽培してみましたが、どれも結果は悪くないです。

    そんな中、ホーム桃太郎は最後の収穫を終えて本日撤収となりました。


    改めて容器の小ささにびっくりしました(笑) 培地のバーミキュライトだって両手に山盛りくらい。
    さらにびっくりしたのは、根の量でした!!


    (゜o゜) たったこれだけ・・・。循環2号機の根を見慣れている私としては、驚きの少なさ。
    実際はカゴの外に根は伸びて来ましたが、それらはトレイの中で藻に絡まれて根腐れを
    起こしてしまいました。その時点から成長点が枯れ始めたので、それ以上の成長はありませんでした。

    でも、たったこれだけの根で、43個の大玉トマトを生らせたんですからスゴイもんです。
    いや、収穫が43個で、強風による落果やカラス被害もありましたから、50個ほどは実をつけました。

    開始当初はこの小さな容器でこれほどの結果が出るとはまったく予想していませんでした。
    シーズン終了後に改めてまとめは書くつもりですが、他の野菜を見てもこの方式が優れている
    ことは間違いないと思います。唯一、給水の面倒さを除けば・・・。

    カゴ&トレイのアイコと接木ミニトマトはまだ元気でサビダニ被害もないので、うまくゆけば
    涼しくなった頃にまた収穫が出来るかもしれませんネ! 予定では接木もアイコも夏の収穫が
    終わった時点で撤収するつもりだったんですけど、まだまだ枝を伸ばしているので気が変わりました。


    8/4に突然電源が入らなくなったECメーターですが、その後販売元に送付して確認してもらい
    本日昼過ぎに交換品が届きました(^・^) 

    発送に500円かかりましたが、予想以上に早く対応してくれたおかげで助かりました。

    壊れた原因ですが、点検によると内部に電池の液漏れのような痕跡があったらしいです。
    私が見た限りでは電池からは液漏れは確認できませんでしたが、わずかに基盤にそれらしい
    跡があったとのこと。原因として、高温下の保管ではないかとの指摘を受けました。

    言われてみれば、確かに思い当たる節はあります。
    保管は室内でしたが、外での作業中は炎天下に置いておくことも多かったし、
    なにより購入後はずっと猛暑日の連続でしたからね、作業中の1時間くらい外に置いていた
    ようなことは幾度もありました。

    つまり、真夏の作業中の1時間程度の時間であっても、直射日光の当たるような場所に
    放置しておくのは非常にリスキーだということですね。
    まあ、私のは海外製の安物ですからね^_^;、本体ケースも薄いですし影響もそれだけ
    受けやすいということです。 今後はいろいろと注意して優しく扱ってあげないと(笑)

    で、さっそく栽培装置を計測してみましたが、循環マシンは1号機1.5、2号機2.5、これは
    ほぼ目指している数値なので、逆にビックリしました^_^; 野生のカンも少しは鍛えられたのかな。

    ただ、やっぱり小さな容器のゴミ箱や発泡スチロールはかなり高めの数値になってました。
    たった3日間ないだけでしたが、改めてECメーターの有難さを実感しました。
    即効で対応していただいた販売店に感謝! 


    撤収が濃厚の循環2号機ですが、撤収作業も楽ではないため、とりあえず今日は雨よけ屋根
    を撤去しその骨組みも解体しました。 おかげで平面の棚だけが残った状態です。

    右側の桃太郎のほうは被害は少なくて、ご覧の通りまだまだ元気いっぱいなんですよね・・・。
    屋根がなくなったおかげで、天井につっかえていた桃太郎の枝をアイコ側に倒したら、
    一見サビダニ被害もたいした事ないように見えますね。

    なんとかアイコの先端部が持ちこたえてくれないですかねぇ・・・。
    大器晩成型を期待していた桃太郎が元気なだけに、余計に淡い期待を抱いてしまいます。

    それと、結果論になってしまいますが、これだけ雨が降らないならサッサと雨よけビニールは
    はずしてしまうべきでした。雨よけとしてのメリットはないのに、高温状態をわざわざ作り出して
    いたわけですしね。
    サビダニの蔓延も雨よけ屋根の真下付近から始まったし、デメリットにしかなってなかったみたい。

    今回、2号機のトマトだけ栽培当初から雨よけをしたんですが、栽培初期は絶対にあったほうが
    良いと思う反面、梅雨明けの高温期からはないほうが良いような気がしています。

    実割れに少しの影響はあるかもしれませんけど、そもそもこれほどの猛暑だとどっちにしても
    実は割れやすくなりますし。 特に風の強い我が家では雨よけがないと気も楽です。

    ともかく、今週末までにはサビダニの進行が進むのか、止まったのか見極めたいと思います。
    他のマシンならね割り切りも早いんですけど、この2号機だけには未練タラタラです(笑)


    そろそろ夏野菜の収穫も小休止って感じです。
    梅雨明けてから着果した実の品質はやっぱり良くないですネ!
    ナスもいったん更新剪定しましたので収穫はしばらくお休み。

    オクラだけは頑張ってくれるはずですが、あとの野菜たちは来月少し気温が下がってからの
    着果分に期待しましょう(^.^) 現在までに十分頑張ってくれましたし!



    応援していただくと励みになります!
    ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
    にほんブログ村
           
            

    同じカテゴリーの最新記事です

           
           
          
    2017.06.27 Tuesday

    スポンサーサイト

    0
            
      コメント
      カゴ&トレイでトマトはやったことがなくて、根っこはどうなってるんだろうといつも不思議に思ってました。
      永田農法を圧縮したような、見事な横への根張りですね。
      これだけで大玉が43個ってすごすぎます。
      トレイのサイズはA4ぐらいですか?
      このやり方だとECは安定しますか?
      こんなにすごいのなら、やりたくなっちゃうところですが、
      >唯一、給水の面倒さを除けば
      これですよね(^-^;
      絶対に水枯れさせる自信があります・・・・
      gigtomatoさんの来年のバージョンアップに期待します_(^^;)ゞ
      いずみさま こんにちは(^・^)

      根の量は少ないんですけど、循環器マシンに比べると1本1本が太いですね!
      トレイはB4を一回り小さくしたくらいです。
      まあ、43個のうち半分くらいは中玉サイズですけど(笑)、味も良かったですよ(^.^)

      ECはですね、計ったことありません^_^; というのも、特に梅雨明けからは補給が
      追いつかず、水切れ寸前になんとか補給って感じなので、最初から最後まで
      EC1.3の液肥を補給し続けました。
      大玉トマトの場合だと、2Lペットボトル×2本の補給装置で朝と夕方に補給する感じでした。
      撤収した桃太郎は途中で成長点を全部摘心しちゃったので、それ以後は2Lペット1本で
      1日2回の補給で済みました。
      4Lか5Lのペットボトルがあれば1日1回の補給作業で大丈夫そうです。

      5種類のカゴ&トレイで実験してみましたが、どれも成績は良いですよ!
      スペースも節約できるので、いずみさんも一度お試しあれ!!
      • bigtomato
      • 2013.08.12 Monday 16:09
      えぇぇ!!
      43個も収穫できたんですか!凄いですね!!横取り分を含めば50個!!

      トレイがB4ぐらいなら、くまちゃんのカゴはB5ぐらいという事ですよね?
      培地はバーミキュライトだけ?
      しかも両手山盛り分って\(◎Д◎)/!
      蒸散は激しそうですがやってみたくなりますねぇ(*^_^*)
      通気がイイので根っこに沢山酸素が行き渡ったんでしょうね(^^)
      semireyさま こんにちは(^・^)

      くまちゃんのカゴはそうそうB5よりちょっと大きいくらい?
      100均で買ったホントにちっちゃなカゴですよ!
      写真でわかると思いますが、そのちっちゃなカゴの3分の1くらいしかバーミキュライトは
      入ってません。今回は苗を支える意味でプラコップで囲んでそこにもバーミを入れた
      だけですが、要するにコップが固定できる最低限の量で実験してみました。
      根が増えて培地の高さも押し上げてきますが、それでも写真くらいの少なさなんです。

      おっしゃるように通気が抜群に良いってのがポイントだと思います。
      蒸散も藻も工夫次第でもっと防げると思うし、栽培方法としてはスゴクいいと思いました!

      semireyさんのところも新たにゴーヤ始められたようですね(^・^)
      今年はまだまだ暑い日が続きそうですし、来月にはカーテン完成すると良いですね!
      • bigtomato
      • 2013.08.12 Monday 20:14
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Author:
       
      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村



      ◆過去記事タイトル一覧◆
                  
      Search this site.
      Categories
                  
      Archives
      Calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
                  
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆
      Recent Comment
      Links
                  
      Selected Entries
       
      ◆過去記事タイトル一覧◆





      水耕栽培ブログランキング
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


      過去記事タイトル一覧




      過去記事タイトル一覧


























































      クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
      PR
                  
      PR
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM