2016.07.26 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

          
    2015.06.05 Friday

    土耕トマト、今シーズンの初レポ6/5

    0
      JUGEMテーマ:家庭菜園

      梅雨入り後、いきなりの豪雨からピーカン、そしてまた大雨と慌しいです。
      毎年、5月の後半くらいからは水奴隷に近い感じで液肥作りや補給が大変で、
      梅雨入りしたら急に液肥消費も少なくなって楽をできる季節だったんですけど、
      今年は循環装置も固形培地耕も自動給水にしたから、プランターの水遣りさえ
      なくて、雨の日はすることは何もなくなりました^_^; 仕事が捗るー(嘘)

      雨が止んだら液肥濃度をチェックして25倍液で調整するくらいで、その分害虫チェックや
      整枝なんかに時間がとれそうです!

      さて、余ったトマト苗と3月の暴風雨で瀕死になった定植苗を庭の隅に植えていたんですが、
      収穫のメドが立つ品種も結構出てきたのでレポしてみます。


      ラティスを挟んで表側では矮性トマトと高性トマトを固形培地耕で育てているんですが、ここはその裏側です。

      表側とは逆に、午前中は日陰、午後から5、6時間の陽あたりがある場所で、
      フルティカこくうまチェリースプライトパープル・バンブル・ビーの4種を栽培中です。

      すべて余り苗で、どれも徒長してて良い苗ではなかったけど、それなりに育ってくれてます。


      中玉品種だけど、ここのはミニトマサイズ^_^; でも美味しけりゃゼンゼン気にしません!


      すごく美味しい品種ということでかなり期待してます。


      芯止まり品種だというのに、既に背丈は1.8mくらいに伸びてます・・・。あれ?


      去年の秋栽培では、激マズから激うまに大変身した品種。春夏でどうなるか楽しみですね〜



      こちらのゾーンはすべて養生中の株です。3月の暴風でダメになって固形培地耕から土耕に変更したもの。

      左から、デリシャス(大玉)、ジュビリー(大玉)、スーパースノーホワイト(中玉)、イエローブランディワイン(大玉)、
      コストルートジェノベーゼ(大玉)、パープルロシアン(中玉)という顔ぶれ。

      どれも背丈も低いし、まともな収穫はまったく期待できませんけど、それでも1株も枯れずにここまで復活
      してくれただけでも私としては嬉しいですよ!! デリシャスブランディワインは着果してくれませんが、
      その他はいくつかは収穫もさせてくれそうです。


      数は少ないけど、ちゃんと中玉サイズに肥大しています。


      サイズは小さめ、でも着果数は多くて、既に10個くらいは肥大中です。


      大玉だけど、直径4僉10僂箸なりサイズに幅がある品種みたい。これも今はまだ中玉サイズです。


      この土耕トマトも入れると、今シーズン栽培中のトマトは39株を数えてました^_^; やりすぎ!!

      トマト、ペッパー、ナス、頂いた種も多いんですが毎回の紹介も難しいので以下のファイルにまとめてあります。

                                                  "2015シーズン 栽培品種一覧" (PDFです)

      ついでに、今シーズンの味レポ記録は "2015シーズン トマト味レポ覚書"  (PDFファイルです 随時更新します)


       
      応援していただくと励みになります!
      ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
      にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村
            
      2014.09.17 Wednesday

      春夏トマト、今年は粘ってます。

      0
        土耕トマト サングランデ ロッソロッソ フルティカ
        9月の中旬を過ぎて土耕トマトを片付けていないってのは想定外でしたね〜
        今年の夏は殆ど雨で、気温も低かったからでしょうかね・・・。殆ど撤収寸前だったのにまだ青い実が着いてます。

        トマト サングランデ ロッソロッソ フルティカ 
        サングランデ、ロッソロッソ、フルティカ、結構な数の実が残っているので撤収できません・・・。
        現在までの収穫は、サングランデ53、ロッソロッソ81、フルティカ292、と土耕トマトとしてはもう十分な成績で
        満足してるんですけどね(笑) 特にロッソロッソはすごい数です。まあ夏以降の実は小さめサイズですが・・・。

        この場所は来年はメインの循環トマト棚を作ることにしていて、さらに完全自動給水システムを作ろうと
        決めているので出来れば真冬にならないうちに作業を終えて、試運転まで持ってゆきたいと思ってるんです。
        単管パイプで架台を作ったり、トマト棚を作るのはまあ来年の春でもいいんですが、なにしろ自動給水システム
        となると、試運転しとかないと怖いですからね!! 私が寒さに強けりゃ問題ないんですが(^▽^;)  

        フルティカ トマト 水耕栽培 トマト棚
        フルティカも土耕トマトもサビダニが復活してきているので、昨日の夕方コロマイト2回目を散布。

        フルティカは勢いが復活したとはいえ、葉っぱも小さいし縮れ気味。モザイクっぽくも見えるし。
        さすがにそろそろ根詰まりしてきたようなので、今度こそ終わりは近い感じがします。
        それでもまだ着果を止めませんからね、ホントに強い品種だと思います(^.^)

        トマト棚 フルティカ 水耕栽培
        サイズのバラつきがあるけど、美味けりゃ問題なし! 秋フルティカ200個くらいはいけそうです。

        秋野菜 収穫 トマト フルティカ オクラ バナナピーマン ピーマン
        今日はフルティカが40個ほど採れました(^・^) まだ食べてないけど、きっと甘いはず!!
        気がつけば今シーズンのフルティカの収穫も水耕・土耕あわせてだけど1000個突破(゜o゜)

        オクラ ピークファイブ 固形培地耕 
        今まで記事にしたことがないんですが、ようやく本気出してきたみたいなので初登場(笑)

        固形培地耕で実験中のオクラです。
        キッチン用のネットでバーミキュライトを包んで、トレイに置いただけ。
        夏の間に調子が出なかったのは、ひと月に23日も雨が降ったせいかもしれませんね。
        トレイは雨ざらし、殆ど水で栽培してたようなもんですから(^▽^;)  まあそのくらいいい加減に放置してたんですが、
        9月に入って、ここのところ秋晴れ続きなのでやる気を出したのかも。
        収穫カウントはしてませんが、既に5、6本は収穫しました。
        これならちゃんとやれば^_^;、固形培地耕でも十分オクラいけそうですね。来期はオクラの土耕スペースが
        ないので水耕か固形培地耕でゆくしかないけど、希望が出てきました。

        干しゴーヤ しろくま 乾燥ゴーヤ 陰干し
        何日か陰干しして、しろくまの干しゴーヤが完成しました。
        結構な数のしろくまを切りましたけど、干すと容量も1/3くらいになりました。
        水で戻してみたけど、30分ほどで予想以上に元のゴーヤな感じに戻りました(笑) 問題なさそうです!



         
        応援していただくと励みになります!
        ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
        にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
        にほんブログ村
              
        2014.07.17 Thursday

        袋栽培トマト 初収穫・味くらべ

        0

          袋栽培トマトの1番果を1個ずつ収穫して味見してみました。

          フルティカは土耕・水耕とも文句なしに美味いのでお気に入りなんですが、袋栽培フルティカもまずまずでした(^・^)
          糖度は低めだけど、トマトの旨みがしっかりあって甘みもあるし食感もサイコーですね! ホント助かる!

          シュガーミニとガンバは水耕のものよりやっぱり確実に美味しいです。これなら生食ぜんぜんOKなレベル。

          水耕と土耕の違いというよりは、実の数じゃないかと思いますね・・・。
          袋栽培は基本1本仕立て、知らないうちに2本になったものもありますけど^_^;、
          1本仕立てだと袋をピタッと密着させて並べてもそんなに混み合わないから小さなスペースで多種類できます。

          今年の袋栽培はかなりいい加減で、ホムセンで100円(税込)で売っている格安の培養土をそのまま使っています。
          本来は赤玉土や腐葉土、バーミキュライトなんかと混合して土を作るためのものなんですけどね(笑)
          そんな培養土にマグアンプKをひとつかみ元肥にして、着果後は週一で大塚液肥を500mlってとこです。
          水もやったりやらなかったり。萎れてマズイと思ったときに水道水シャワーをかける程度です。

          手がかからないので、作りすぎた苗はこの方法が簡単でいいですよ(^・^)


          土耕といえばこれから主役になってくれるはずのオクラです。

          6/24にいずみさんから教えていただいたアルミホイル作戦を実行したんですけど、

          その後・・・奇跡の被害ゼロ!!!

          ただし、写真でわかるように葉の切れ込みがやたら深いですねぇ・・・。これは草勢が弱い証拠です。
          肥料は問題ありませんが、ここは日当たり条件が良くないので仕方ないかな。
          そのせいで曲がり果も結構出ていますが、食べる分には問題ないのでヨシとします。

          なによりネキリムシとの不毛な格闘が一切なくなったので完全放置、収穫するだけです。サイコー(笑)



          発表はないけど、多分今日で梅雨明けです。夏の風が吹いてますもん。

          となるとこれから厳しい環境になるのはパッシブ水耕のペッパーたち。
          今年は容器(ゴミ箱)に2重断熱して、さらに遮光シートも2重で対策しているおかげか、これまでは
          晴天の日でも水温が30℃に達することがなかったんですが、さすがに盛夏には一気に5℃くらいは気温も上がるし
          水温も30℃は超えてくると思います。
          ペッパーは割りと高めの水温にも耐えてくれるはずですが、今のところ収穫できているのは万願寺とうがらしだけ。
          これは50円で苗を買ってきたもので、他のペッパーはいずみさんに種をいただいたものです。

          台風騒動の前に開花・着果もしていたんですけど、室内退避を3日間ほどしている間に落葉・落花・落果と
          調子を落としてしまいました(-.-)  ようやくまた花が咲き始めたところです。 

          左奥に縦型循環装置のデカチャンプが見えますが、これも室内避難でせっかくついていた一番果が落果。
          ソフトボール大のデッカイピーマンが出来るらしいけど、チョット窒素過多ぎみで心配・・・。
          まあペッパーは今からが本番ですし、そのうちバンバン収穫できるとは思ってます(^・^)


          3日前にコロマイトしたトマト棚ですが、サビダニ以外にも今年はうどんこ・葉カビと三重苦です。
          サビダニにやられている部分はどんどん葉も落としていますが、今日やられている付近のまだ異常のない
          葉をルーペでチェックしたら、死骸と一緒に綺麗な卵も見えました(゜.゜) それと別になんか知らないヤツもいたし。

          現時点でこんな調子だから、もう撤収に向かってカウントダウンが始まってる感じです(^▽^;) 
          梅雨明けで水奴隷が本格的に始まるわけで、今年は蒸散を最小限にすべく、どんどん葉かきして節水ですね!






          応援していただくと励みになります!
          ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
          にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
          にほんブログ村


           
                
          2014.07.02 Wednesday

          大玉トマト、ロッソロッソ初収穫(^・^)【追】

          0
            ロッソロッソ 大玉トマト
            仕事前の菜園見回りしてたら雨がポツポツ。昨日、そろそろ収穫だな〜と熟れ具合を確認していた
            ロッソロッソを急いで収穫して撤収! ついでに採り忘れてた夏すずみも1本確保(^・^)

            このロッソロッソはサントリーの本気野菜シリーズ【欧州セレクト】の中のひとつで、加熱調理が基本らしいです。

            サントリーのお品書きによると

            果形:扁平形
            果重:120〜200g
            収穫数目安:25〜35個程度
            栽培ポイント:実割れしにくいので、樹の上でしっかり完熟させてから収穫します。

            ・堅めの果肉にジューシーなゼリー質
            ・グルタミン酸が多く含まれ加熱でうまみが増す
            ・加熱調理でも崩れにくく炒め物などに最適

            でも、サイトのおすすめレシピにサラダってのもあったのでどうやら生食でも行けそうですネ。

            ロッソロッソ 大玉トマト 重量
            大きさもほぼ最大サイズみたいです。
            途中、チャック果や尻腐れがいくつも出て困っていたロッソロッソですが、着果・肥大中の40個ほどは
            今のところ大丈夫みたい。このまま豊作になってもらいたいもんです!!

            肝心の味ですが、初果なので一人で食べるのもアレだし、家族が揃うのを待って品評会をしたいと思います。
            なので糖度も計れていませんが、とりあえず水に沈めてみました

            いや、正しくは水に浮かべてみました でした(^▽^;)  期待値↘↘↘

            中性浮力でもなく、完全にプカプカ浮いちゃったよ・・・。 んーショック。

            サングランデに続いてロッソロッソまでも不味かったら、今年の大玉トマト、全滅(-.-)

            ま、まあ今夜食べてみたら追記する予定です・・・。さて仕事しよ。

            ----------------------------------------【追記 7/3】----------------------------------------
            ロッソロッソ 
            家族が揃ったところでまずは糖度測定をば。んーと4度いってないよね orz  3.8度ってとこでしょうか・・・。
            気を取り直して生食してみました。ん? そこまで不味くはないよ?(笑)
            フルーツのような甘さは感じないけど、しっかりトマト味で旨みもそれなりにありました。
            ハンバーガーに挟んだらちょうどイイ感じのトマトって感じかなぁ。
            でも、私の好みで点数つけたら 60点ってとこでしょうか。是非また食べたいとは決して思えませんでした(^▽^;) 
            嫁と息子の評価は私よりは上でした。全然普通に美味いって言っておかわりしようとしたけど、
            残りは焼きトマトにすると決めていたので却下。

            ロッソロッソ 焼きトマト ジェノベーゼ
            ホントはオーブンで焼きたかったけど、夜も遅かったのでフライパンでお手軽に。
            ガーリックオイルで弱火で両面を3分ずつくらい。チーズと自家製ジェノベーゼソースを乗せて塩はナシで。
            加熱調理後のうまみアップに期待してたけど、味は確かに良くなったものの、堅い果肉で加熱してもしっかり
            というサントリーのお品書きとは違って、柔らかくて溶けてしまうくらいの果肉でした。70点ってとこかな?

            栽培の仕方がマズイのか、調理の仕方がマズイのか、どちらにしてもこの一番果に関してはチョット期待はずれ
            に終わってしまいました。

            そういえばあるサイトにロッソロッソに関してこんな説明があったんですよ。

            ・加工向けの大玉トマト。水分が多く、豊富に収穫できるのでジュースやピューレに。
            ・そのままスライスして焼いたり、オリーブと組み合わせるのも美味しい。

            サントリーの説明よりこっちのほうが納得できる感じですね(笑)

            というわけで、来週あたり友人がトマト祭りに来る予定なので、
            次回は自家製ピザ用のソースをロッソロッソで作ってみようと思います。
            ----------------------------------------【追記 終わり】----------------------------------------



             
            応援していただくと励みになります!
            ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
            にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
            にほんブログ村

             
                  
            2014.07.01 Tuesday

            オクラ初果! 水奴隷月間近し!

            0

              こんな狭いスペースに密植しているピークファイブ(五角オクラ)。
              陽あたり条件も決して良いとは言えない場所ですがなんとしてもココで頑張ってもらうしか。
              今年はアルミホイル作戦のおかげでここ1週間ネキリムシ被害はゼロ!! 
              相変わらず葉っぱは食害にあっていますがボチボチ花が咲き始めました(^・^)

              夏野菜 収穫 トマト オクラ 万願寺とうがらし ピーマン
              7月の初日に初果が収穫できました。例年よりも2週間ほど早いです。
              10月末くらいまでにだいたい1株から30-35本程度が収穫できるんですけど、今年は35株を超密植なので
              35×10 = 350本くらいかなぁと予想しています。

              今朝収穫した大玉トマトのサングランデ、100%完熟でしたがハッキリ言って美味くないです(-.-)
              糖度うんぬんの前にやたら水っぽいんですよねぇ・・・。なーんでかな。殆ど水分与えてないのに。
              雨こそ例年よりもかなり少ない福岡ですが、曇天が多くて日照が足りないのかな。
              この調子が続くようならサングランデはソース用にしかならないです orz ※写真の数字は糖度です。

              水耕栽培 菜園の様子 家庭菜園
              今日は梅雨明けかと思うくらいの真夏日で、1日ピーカンって感じでしたが液肥消費もスゴイことに。
              去年の梅雨明け初日が190リッターだったんですが、今日はそれに近い140リッター。
              気温は30℃という発表でしたが、体感ではもう少しあったような気がします。

              メインの循環装置が70リッター、ピンキーのミニ循環が30リッター。
              水耕フルティカが12リッター、固形培地耕その他で28リッターほど。

              固形培地耕のキュウリ+ミニトマトが生長著しくてガンガン食うようになってきました。
              梅雨明け後は1日1回の補給では間に合わなくなる予感がします。
              オマケ栽培のミニトマトも背丈が1.8mほどになったので芯止めしました。これ以上大きくなったらたまりません^_^;

              何日か前から、朝の補給(水のみ)は息子にバイト料払ってやってもらってるので、出来れば夕方遅くに
              1回の作業で済ませたいところなんですけどねぇ・・・。
              というか、来年こそは水だけでも水道栓からの自動補給にしないとキャンプも行けやしない!!

              ・・・その前に、装置増やしすぎですね(^▽^;)  反省orz

               
              応援していただくと励みになります!
              ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
              にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
              にほんブログ村
               
                    
              Author:
               
              水耕栽培ブログランキング
              にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
              にほんブログ村



              ◆過去記事タイトル一覧◆
                          
              Search this site.
              Categories
                          
              Archives
              Calendar
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << May 2017 >>
                          
               
              ◆過去記事タイトル一覧◆
              Recent Comment
              Links
                          
              Selected Entries
               
              ◆過去記事タイトル一覧◆





              水耕栽培ブログランキング
              にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


              過去記事タイトル一覧




              過去記事タイトル一覧


























































              クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
              PR
                          
              PR
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM