2013.07.16 Tuesday

ペットボトルトマトと循環ゴーヤの初収穫!

0
     

    ラティスのカーテンにでもなってもらおうと栽培中のペットボトルトマト達(中央はゴミ箱)。
    もちろんすべて脇芽から育てているんですが、ようやく収穫にこぎつけました!


    右上のカゴがペットボトル水耕で初めて収穫したホーム桃太郎とアイコ。
    いずれも2リッターのペットボトルからの収穫で、500mlペットの桃太郎の収穫はもう少し
    先になりそう。しかもかなり小玉サイズですが、まあ仕方ないですネ!

    ゴーヤも水耕栽培でお初の収穫となりました(^.^)
    梅雨明け直前まで着果してくれず、今年のゴーヤはナシと諦めかけていたんですが
    梅雨明けからは続々と実をつけてくれています。

    ただ・・・ホント言うと我が家は毎年アバシゴーヤを育てていて、もう何代目かのハズだったんですけど、去年とった種はなぜか1粒も発芽してくれず・・・。こんなことは初めてですが仕方ないので
    ホームセンターで「沖縄ゴーヤ」の苗を購入。てっきり、ずんぐりむっくりのゴーヤだと思い込んで
    いたら、出来たのは苦味の強いレイシのようです。レイシという呼び方が正しいのかはわかりません
    が、ここいらでは昔っからある細長い苦いのをレイシ、ズングリムックリのを沖縄ゴーヤと呼んでいるんですね。だからてっきりそっちだと思い込んでいました・・・。

    でも、今年は天ぷらという食べ方を教えてもらったので、近いうちにやってみるつもり。
    チャンプルーだと苦すぎてあまり好きでないけど^_^;、天ぷらで美味けりゃいいなあ。


    2Lペットボトル水耕のホーム桃太郎ですが、サイズの大きいほうは237g!
    標準サイズを上回る立派な大玉トマトなので正直びっくりしました。
    このペットボトルは液肥補給の面倒さからごみ箱にザブンと漬けてあるんですが、現在までに
    ペットボトルから根ははみ出てません。
    つまり、ペットボトルでもこのサイズの大玉トマトは出来るということなんですネ!
    もちろん数は期待できませんけど、この株にはまだ肥大中の実も含めて8個くらいはついています。


    レイシの大きさは正直どうでもいいのですが(笑)、一応計測。30センチってとこでした。
    この苦いタイプはですねぇ・・・人にあげてもあまり喜ばれないんですよね^_^;
    なので、種をとるつもりもないし早め早めの収穫をしたいと思います。
    もっとも天ぷらで美味しいなら話は変わってきますけどね!!

    ミニトマトですが、接木ミニトマト(固定培地耕)とピンキー(ぶくぶく)は殆ど夏の収穫は終わりです。
    粒も小さくなってきたし、青い残りの実も数はわずかとなりました。
    アイコ(固定培地耕)は長く木に置いて収穫しているのでまだ半分くらいは残ってる感じ。

    現在までにピンキーは425個、接木ミニトマトは351個、アイコは141個の収穫となりました。

    この数字は私としては十分に満足にゆくもので、どちらも小さな装置で頑張ってくれました(^.^)
    あとプラスアルファでどのくらいまで伸ばしてくれるか楽しみです。

    来週あたりからは、いよいよ循環2号機のアイコを収穫したいと思います。
    どのくらいの収穫数になるのかサッパリわかりませんけど、4ケタには全然届かないような
    気がします。
    栽培前には目標2000個!!なんて根拠もなく意気込んでましたけど、到底無理(笑)
    そもそも棚の大きさが全然足りないので、もうバッサバッサと刈り込んでますからね・・・。
    内心、すごくもったいないとは思うのですが、物理的にどうしようもありません。残念!


    そろそろカゴ&トレイのトマト達も終わりに近づいているこの時期に、やっと1本だけ2.7Lの
    ペットボトルを手に入れました。 いつもビールを買ってる酒屋に声をかけていて、ごみ捨て場に
    あったら勝手に持っていっていいと許可はもらっていたので、ちょくちょく見てたんですけどね・・。

    店主の話によると、夏場は「水汲み用」に意外と人気らしく、4Lや5Lのペットボトルは捨てられる
    とすぐに持ってゆかれるって話でした。

    でもまあ手に入れたので遅ればせながら補給タンクとして使っています。たった0.7Lの差ですが
    やはり2Lよりは長持ちしてくれるので、少し前進。
    でもねぇ、もう終わりだからね・・・しかも来期はやるつもりないしね・・・。なんか虚しい。


    本日も最後までありがとうございました!


               
    応援していただくと励みになります!
    ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
    にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
    にほんブログ村
          
    2013.06.22 Saturday

    ピンキーの着果は400個超えてました(゜o゜) + ペットボトル水耕6/22

    0
       

      ここ3日の風と雨でピンキーの小さな実が20個以上落果してしまいました(T_T)
      当然、花は数え切れないくらい落ちてしまいました・・。雨よけがないのはイタイですね。

      悔しくて(笑)、着果中の実を数えてみました。
      400個で数えるのをやめましたけど、あと2、30個はついてる感じでした。


      さすがに成長の勢いは感じられなくなってきましたが、このピンキーの育ちっぷりを見ていると
      ぶくぶくマシンの凄さがわかりますネ!! 

      容量たったの10リッターほどですから、これが同じ土の量のプランターだったら勝負に
      ならないと思います。


      気根はますます増えてます(゜o゜) 
      ピンキーにとってこの環境がベストコンディションではないのはわかっています。
      もう根がマット状になっているので、ちょっと水位が下がれば表面の根は露出してます。
      エアレーションも元々少ない上に、夜間は1時間に15分の間欠運転ですから、酸素不足も
      あると思います。

      それでもこれほど成長して実をつけているのは、水位が下がって根が露出することが
      酸素供給に有利に働いているんでしょうかね。

      いろいろ改善したい点はあるんですが、現状はうまく育ってくれていますから、下手に
      いじるとかえって逆効果になるかもしれないと思って何も変えていません。

      「裂果しにくい」という特徴は間違いないようです。長雨に降られ続けましたがひとつも
      裂果は見当たりませんでした!  このまま無事に大量収穫したいもんです!


      話変わってペットボトルのトマト3兄弟ですが、またしても新たな事実発覚。


      見にくいですが、2リッター、1リッター、500mlのペットボトルで栽培しています。
      液肥補給が面倒なので、発泡スチロール容器に液肥を満たしてザブ漬け中。

      発覚したのは、

      ・よりによって500mlボトルの苗が大玉トマトでした^_^;
      ・予想通り、ザブ漬けした時に液肥の取り入れ口として開けた穴から根が出ています^_^;

      よって、「ペットボトルでどこまでトマトは育つか」の実験の意味はなくなりました。
      まあ面倒なのでこのまま成長を見守ることにします(笑)


      2リッターペットのアイコも色づき始めました。500mlペットの桃太郎も大きくなってきました。
      1リッターペットのアイコも小さな実をやっとつけ始めました。あ、区別は無意味でしたね^_^;


      こちらもザブ漬けの2リッターボトル桃太郎です。
      こっちはもっといい加減、遮光も雨対策もしてません・・・。


      それでも4つほどの実が大きくなりつつあります。もっと大事にしてやらにゃいかんな。



      今や、純粋にペットボトル水耕と言えるのは青ジソとイタリアンパセリだけになりました。
      ※6/24追記 いかんいかん、苗とり中のペットボトルいちご・あきひめを忘れてました(笑)

      種から育てた青ジソもやっと誰が見ても青ジソと判るくらいになりました(^.^)

      ずっとグズグズだったイタリアンパセリもついに新芽が出てくるようになって外葉が枯れてゆくことも
      なくなりました!! 何が悪くてダメだったのか、何が変わって健康になってきたかはサッパリ
      わかりませんけど、ずっと液肥補給を続けて来ましたから、これは嬉しいです (^。^)

      それにしてもペットボトルが2つだけってのは寂しいですね! 
      キッチンに根出し完了したバジルがあるから、明日にでもペットボトルマシン作ろう(笑)


      今回も最後までお付き合い、ありがとうございます!


        
      応援していただくと励みになります!
      ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
      にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
      にほんブログ村
            
      2013.06.05 Wednesday

      ペットボトル水耕 イチゴ イタリアンパセリ 青じそ トマト 6/5

      0
         液肥補給の手間を軽減するためにかなり整理したペットボトル水耕ですが、
        今日現在まだ7つほど栽培中です。


        苗とり中のイチゴ、あきひめ。

        ランナーもそれなりに伸びていますが、実も食べようという強欲モードです(笑)
        小さな実ですが赤くなってきました。
        着果してからECを1.3に上げましたが、それ以来ランナーの伸びが悪いような?
        まあ気長に頑張ります。


        4/26に直接種まきした青じそはようやくここまで育ちました。
        一部竹酢液の影響で変色しましたが、まあ問題ないレベルです。
        いつになったら加速スイッチ入れてくれるんでしょうか(゜o゜)

        イタリアンパセリですが、これは初期の製作で欠点があるんですよね。
        スリットをまともに空けてないため、根の出口が極端に少なくて
        当初から一進一退を繰り返しています。
        それでも少しずつですが大きくなっています。



        ペットボトルでどこまで栽培できるのか実験中のトマト3兄弟です。
        液肥補給の手間をなくすために発泡スチロール箱に液肥を満たしてザブンと浸けてあります。

        どの株もそれなりに徒長しながら(笑)大きくなっています。
        ここは午前中いっぱいしか陽が当たらない、少し条件の厳しい場所ですが、
        それにしてもヒョロヒョロ感は否めません・・・。

        さらに、定植した時はみんな大玉(桃太郎)と思っていたんですけど、着果してビックリ!
        実はアイコなのでした^^; でもまあミニトマトで良かったですよね、500mlのペットで
        大玉トマトなんて、無理がありすぎます。


        これなんですが、定植していたのを忘れてずっと庭の片隅に放置されていたもの。
        こっちは正真正銘の大玉トマトです(笑)

        これも初期の製作なので上部の培地を大きくとりすぎてしまい、肝心の養液部分の
        容量が極端に少ないです。オーバーフロー穴が下からたった5センチくらいのとこに・・・。
        有効液肥容量は300ccくらいでしょうか・・・。 
        実際、いつ見てもカラカラに干上がってます^^; 

        なので早急に対策を講じないといけません。とりあえずもう1本つないで液肥槽を
        デカくしてみますかね。さっそく今日にでもやらないと!!


        ペットボトル水耕って、やってみると液肥の補充がホントに面倒で、栽培方法としては
        選択したくないんですけど、別の意味で完全に撤退する気にもなれません。

        それはまず、マシンの見た目が好きということ(笑) なんか好きです。

        それに、こんな小さな装置でどこまで可能性があるかを試したくなるんですよね!
        大掛かりなマシンで巨木トマトが育っていても当たり前な感じがしますけど、
        ペットボトルマシンに例えミニトマトでもたわわに実がついていたらインパクトあります。

        水耕におけるダウンサイジングの実験として今後もいろいろやってみたいです (^。^)



        応援していただくと励みになります!
        ↓↓↓ 水耕栽培ブログランキング ↓↓↓
        にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
        にほんブログ村
              
        2013.05.23 Thursday

        ペットボトル水耕 夏に向けて撤収 & 移転開始!

        0
           ペットボトル水耕マシンを作るのが楽しくて(笑)、後先考えずにどんどん増やしてしまった
          わけですが、液肥の消費が増えるこれからの季節、容量の少ないペットボトルマシンは
          メンテが大変ですよね。

          実際、まだ5月なのに気づいたらカラカラ寸前ってことも増えてきましたし、このままでは
          そのうち水切れで枯れさせることは間違いないと思います^^;

          夏に向かって撤収・移転の開始です!


          観賞用として育ててきたリーフレタスの3本は、本日撤収となりました。
          春から初夏にかけて、ペットボトルで立派に育つことも確認できました。

          実はかなり名残惜しかったのですが(笑)、これからの手間軽減を考えて終了としました。



          ペットボトルからの移転先として、100均のゴミ箱マシンを新たに5台作りました。
          容量は7リッターちょい、実質液肥容量も5リッターは確保できます。

          現在ペットボトルで栽培中のものをこちらに移転させれば、補給回数も激減できます(^。^)


          さっそく、ペット×2で小さめのグリーンカーテンを作ろうとしていたゴーヤ+夕顔を移転しました。
          ゴミ箱の側面ですが、これからの季節やはりアルミシートで断熱したほうが良いんでしょうかね?




          バジル3兄弟は先日次男が突然枯れたので、2本を一台に移転しました。ぶくぶく付です。

          ゴミ箱マシンは天板を2分割させていますので、液肥補給は天板の一部をガバっと開いて
          ジョウロで高速補給ができます。ペットボトルに比べると補給も楽チン(^。^)

          残るペットボトルマシンは・・・

          青ジソ 1本
          イタリアンパセリ 1本
          トマト3兄弟(実験) 3本
          液肥実験用レタス 5本
          イチゴ 1本
          大玉トマト 1本

          うわーまだこんなにあるのか・・・。

          実験用とイチゴは移転はできませんが、残りはゴミ箱マシンに移転することにします。

          それと合わせて今月末には水切りトレイは5台⇒0に、ぶくぶくマシンも8台⇒4台に減る予定
          ですから、かなり作業量は減らせることになりそうです。



          応援していただくと励みになります!

          にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
          にほんブログ村
                
          2013.05.21 Tuesday

          ペットボトル水耕 バジルの悲劇 一晩で枯れ木に(-_-;)

          0

            昨日までは順調に見えたバジル3兄弟でしたが・・・。
            今朝見たら、バジル次男(左側)の葉が殆どすべて落ちていました(-_-;)
            たった一晩で??? 


            落ちた葉を見ると、これは葉ダニ??? 病気???
            ともかく、昨日の水遣りでは不調には気づきませんでしたが、兆候はあったのかもしれませんね。
            よく観察すべきでした。

            長男、三男はどちらも健康に見えますが、すぐ近くにいて次男だけこうなるのも不思議です。
            念のため次男は別の場所に移動させましたが、復活は難しいかも。
            一応カダンセーフの散布だけはしておきました・・・。

            それにしても、「突然の枯れ死」って植物にはたまにあることは経験してますけど、
            一晩にしてここまで哀れな姿になると凹みますね。


            この状態から復活してくれるのでしょうか?
            なんとか頑張って欲しいもんです。



            隣の青じそはようやく間引きして一人立ちしました(^。^)


            写真暗めでよく見えませんが、夕顔をペットボトルにセットして、隣のゴーヤと2株で
            小さめのグリーンカーテンを目指します。
            腰高窓の高さに到達するまではこの仮支柱で大きくなってもらいます!





            これからの季節、虫との闘いが悩ましいです。
            養液土耕のキュウリもウリハムシやらアブラーやらの攻撃が盛大になってきました。
            農薬は使いたくないので、今のところカダンセーフの散布のみですが、使用量を考えると
            原液買ってこないととんでもない出費になりそうです(-_-;)


            応援していただくと励みになります!

            にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
            にほんブログ村
                  
            Author:
             
            水耕栽培ブログランキング
            にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
            にほんブログ村



            ◆過去記事タイトル一覧◆
                        
            Search this site.
            Categories
                        
            Archives
            Calendar
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << August 2017 >>
                        
             
            ◆過去記事タイトル一覧◆
            Recent Comment
            Links
                        
            Selected Entries
             
            ◆過去記事タイトル一覧◆





            水耕栽培ブログランキング
            にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ


            過去記事タイトル一覧




            過去記事タイトル一覧


























































            クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
            PR
                        
            PR
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM